@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

氷河作用【ひょうがさよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

氷河作用
ひょうがさよう
glaciation
氷河が行う浸食運搬堆積などの作用。氷河の浸食作用は特に氷食と呼ばれる。氷河は移動する際に基底側壁を強く研磨して浸食する。氷河の中に取込まれた岩石破片も浸食を行い,基底や側壁には擦痕を生じる。氷河は基盤の岩石の硬軟などにより,差別浸食を行い,基盤の面には不規則な凹凸ができることが多い。氷食によって取込まれた岩層は下流に運ばれ,氷河の運搬作用の衰えるところに堆積する。これをモレーン (氷堆石) と呼ぶ。氷河の融解する末端には氷堆石が堆積して丘陵状の地形をつくり,末端堆石または終堆石と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷河作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

氷河作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation