@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

氷点【ひょうてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

氷点
ひょうてん
freezing point; ice point
水の凝固点。1気圧の大気中でが共存する状態は実現しやすいので,セ氏温度目盛り定点に採用され,その温度つまり氷を0℃と定義する。凝固点が常温より低い物質に対しては,凝固点を一般に氷点ということがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

氷点
旭川市出身の作家三浦綾子のデビュー小説で代表作。旭川の開業医一家を舞台に、継母と継子の愛憎劇や義兄妹間の恋愛感情など複雑な人間模様が深い心理描写とともに描かれる。1964年、朝日新聞社が実施した「1千万円懸賞小説」の全国公募で入選し、翌年にかけて朝刊に連載された。当時、三浦は主婦業とともに雑貨店を営んでいたが、これを機に作家に転身し、「塩狩峠」「泥流地帯」「銃口」など数々の人気作品を生み出した。「氷点」は「続氷点」と合わせて計810万部が出版され、テレビドラマや映画も人気となった。作品の重要な舞台である市内の外国樹種見本林に98年、市民が主体となって三浦綾子記念文学館が建てられ、「氷点」の原稿など多数の資料が展示されている。
(2013-10-29 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ひょう‐てん【氷点】
水が氷結するとき、または氷が融解するときの温度。1気圧のもとではセ氏零度。
一般に、物質の凝固点または融解点のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

氷点
 水の凝固点,析出点ともいう.空気で飽和した水が1気圧で凝固しはじめる温度.水以外の液体についても固化しはじめる温度を慣例的にいうことがある.純粋な物質については凝固点,融点と同じ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

氷点
1966年公開の日本映画。原作:三浦綾子による同名小説、監督:山本薩夫脚本水木洋子、撮影:中川芳久。出演若尾文子、安田道代、山本圭津川雅彦森光子船越英二、成田三樹夫ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷点
TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1971年1~3月放映(全50回)。原作は三浦綾子の同名小説。出演:小山明子、安井昌二ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷点
日本のテレビドラマ。放映はNET(現・テレビ朝日)系列(1966年1月~4月)。全13回。出演:新珠三千代芦田伸介、内藤洋子ほか。原作は三浦綾子の同名小説。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷点
三浦綾子の長編小説朝日新聞社の懸賞小説に応募して入選、「朝日新聞」に連載されたのち、1965年に刊行キリスト教の“原罪”をテーマとする。たびたびドラマ化・映画化されており、続編もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうてん【氷点 ice point】
水の凝固点をいうが,一般には水以外の液体でも常温より低い凝固点をもつ液体の凝固点をさす。厳密には空気で飽和した水が1気圧のもとで氷と平衡状態にある温度をいう。この温度は精度よく容易に求められるので,以前は国際実用温度目盛の定点として採用されていたが,現在では,1968年国際実用温度目盛で定められた水の三重点の定義定点t68=0.01が用いられている。【日向 実保】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうてん【氷点】
一気圧のもとで、空気で飽和した水と氷が平衡状態にある時の温度。すなわち、水が凍る温度。摂氏0度。
物体の凍りはじめる温度。凝固点。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

氷点
ひょうてん
ice point
1気圧のもとで空気と氷とで飽和している水の平衡温度のこと。すなわち水の凝固点であり、摂氏目盛りで0.000℃である。水以外の液体の凝固点に対しても用いることがあるが、正しい用語ではない。氷点は水の凝固点であるとともに氷の融点でもある。[平野賢一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょう‐てん【氷点】
〘名〙
① 物質の凝固点。
② 特に水の凝固点。すなわち一気圧のもとで水が結氷、あるいは融解しようとして水と氷が共存する温度。温度定点の一つで、摂氏温度目盛の零度。
※気海観瀾広義(1851‐58)一〇「験温管を改正すと雖も、氷点・沸湯点を定めざるが故に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

氷点
ヒョウテン
ice point

1 atm 下で空気を飽和した水と氷が平衡状態にある温度.

0 ℃ = 273.15 K ± 0.0001 K.
現在は温度の定義定点としては用いられていないが,二次基準点として用いられている.[別用語参照]セルシウス温度温度の定点

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

氷点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation