@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

永享の乱【えいきょうのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

永享の乱
えいきょうのらん
永享 10 (1438) 年関東公方足利持氏室町幕府にそむいた事件。正長1 (28) 年,実子のなかった4代将軍足利義持が後継者を定めず没したあと,将への野望をいだいていた持氏は,次期将軍の地位を期待していたが,同年管領畠山満家らが引いたくじによって天台座主青蓮院義円 (義教) が将軍に決定した。そのため持氏は次第に反幕府的行動をとるようになった。幕府は以前から関東の佐竹氏,宇都宮氏など諸豪族に保護を与え,関東公方を牽制していた。さらに関東管領上杉憲実もひそかに幕府に通じていたので,永享 10年8月,実が持氏と不和となり領国上野に引上げたのを機に義教は今川氏武田氏,小笠原氏らに持氏追討を命じた。持氏は幕府の東軍と憲実軍に迫られ,その年9月,箱根足柄に敗れ鎌倉に退いたが,留守役三浦時高にも裏切られ,金沢称名寺に出家したが,義教の怒りはとけず,翌年2月,居所鎌倉永安寺を憲実軍に囲まれ自害した。この乱は持氏の遺子を奉じた結城合戦へと発展していく。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいきょう‐の‐らん〔エイキヤウ‐〕【永享の乱】
永享10年(1438)鎌倉公方(くぼう)足利持氏(あしかがもちうじ)が将軍足利義教(よしのり)に対して起こした反乱。義教は今川氏らに討伐を命じ、翌年、持氏は自殺した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいきょうのらん【永享の乱】
1438年(永享10)8月から翌年2月にかけて,鎌倉公方足利持氏と関東管領上杉憲実,憲実を援護する将軍義教との間の抗争に端を発した東国の内乱。幕府と鎌倉府の関係は両府の成立以来必ずしも良好といえるものではなかった。とくに上杉禅秀の乱以後は持氏が禅秀与党の征討と称して,反鎌倉,親幕府的な東国諸氏の討伐を敢行したことによって対立はますます深まっていった。乱後の持氏と憲実との関係も微妙なものであった。持氏は反鎌倉的な東国諸氏に強硬な態度で臨んだのであるが,憲実は融和的,親幕府的であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいきょうのらん【永享の乱】
1438年(永享10)将軍継嗣問題から室町幕府と対立した鎌倉公方くぼう足利持氏が、和解をすすめる上杉憲実のりざねに対して挙兵した事件。憲実は幕府に援軍を求め、将軍足利義教は軍を送って持氏を追討、翌年持氏は自刃した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

永享の乱
えいきょうのらん
1438年(永享10)から翌年にかけ、鎌倉公方(くぼう)足利持氏(あしかがもちうじ)が室町幕府に背いた事件。持氏は上杉禅秀(うえすぎぜんしゅう)の乱などで混乱した鎌倉府の支配体制を立て直そうとし、強圧的に東国の諸氏族に臨んだため、彼らとの対立が激化した。また将軍継嗣(けいし)問題の際、選ばれなかったことから公然と反幕府行動をとり始め、今川氏の家督相続問題、村上、小笠原(おがさわら)両氏の抗争などに介入、幕府と対立し、これを戒める関東管領(かんれい)上杉憲実(のりざね)とも円滑にいかなくなった。幕府はこのような持氏の動きに対し、篠川(ささがわ)御所足利満直(みつただ)への働きかけ、関東扶持衆(ふちしゅう)の設置などにより持氏を牽制(けんせい)していたが、持氏の憲実への追討軍派遣をみるに至り持氏の討伐を決め、今川、武田、小笠原などの諸氏に出陣を命じた。その結果持氏軍の多くの将兵は幕府側に移り、鎌倉を守っていた三浦時高(みうらときたか)も離反したため、持氏は憲実軍の長尾忠政に降参し、鎌倉の永安寺に幽閉され、39年2月に自殺させられた。これにより乱はいちおう終息し、鎌倉公方による実質的な関東支配は終わった。しかしこの乱は、こののち長く東国社会に影響を与え、結城(ゆうき)合戦、足利成氏(しげうじ)の公方就任、それに伴う享徳(きょうとく)の大乱、そして古河(こが)公方の成立など、東国に不安定な政情を現出させる要因となった。[小要 博]
『渡辺世祐著『関東中心足利時代之研究』(1971・新人物往来社) ▽神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 通史編1』(1981・財団法人神奈川県弘済会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいきょう【永享】 の 乱(らん)
永享一〇年(一四三八)、鎌倉公方足利持氏が室町幕府にそむいた事件。幕府と不和であった持氏は、いさめる関東管領上杉憲実とも対立、この年上野に憲実を攻めた。この機に持氏討伐をきめた幕府は、今川氏、武田氏、小笠原氏らに出兵させ、箱根で持氏を破った。持氏は鎌倉で謹慎したが幕府は許さず、翌年二月、持氏の居所永安寺を幕府軍で囲み、自殺させた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

永享の乱
えいきょうのらん
1438(永享10)年,鎌倉公方足利持氏が将軍足利義教と対立して起こした事件(〜'39)
持氏は将軍足利義持の死後将軍職を望んだが,義教 (よしのり) が還俗 (げんぞく) して6代将軍になると,幕府と対立,これをいさめる関東管領上杉憲実 (のりざね) とも不和となり争いがおこった。幕府はこれを機に持氏征討を決し,今川・武田・小笠原氏らの大軍を派遣したので,持氏は自殺(1439)。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永享の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永享の乱の関連情報

関連キーワード

フィレンツェ公会議アビス朝アフォンソ[5世]足利満貞スコータイ朝箱根山足利持氏神山神聖ローマ帝国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation