@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

永保【エイホウ】

デジタル大辞泉

えいほう【永保】
平安後期、白河天皇の時の年号。1081年2月10日~1084年2月7日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいほ【永保】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えいほう【永保】
年号(1081.2.10~1084.2.7)。承暦の後、応徳の前。白河天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

えいほう【永保】
日本の元号(年号)。平安時代の1081年から1084年まで、白河(しらかわ)天皇の代の元号。前元号は承暦(じょうりゃく)。次元号は応徳(おうとく)。1081年(承暦5)2月10日改元。応和(おうわ)(961~964年)、治安(じあん)(1021~1024年)に続き、辛酉革命(しんゆうかくめい)を理由として行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。1081年(永保1)には、興福寺の僧兵が多武峯(とうのみね)寺領を襲い、多武峰の僧徒が入京して強訴する事件が起こっている。この頃、園城(おんじょう)寺と延暦(えんりゃく)寺の対立から僧兵らがたびたび衝突していたこともあり、洛中は混乱していた。◇「えいほ」とも読む。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐ほう【永保】
[1] ながい時間状態を保つこと。
聖徳太子伝暦(917頃か)推古天皇二七年「令掌伽藍者。得滅仏法之咎。其王臣等不永保官位
[2] 平安時代、白河天皇の代の年号。辛酉(しんゆう)革命により承暦五年(一〇八一)二月一〇日改元。甲子(かっし)革命により永保四年(一〇八四)応徳と改元された。出典は「商書‐四」に「欽崇天道、永保天命」とあるのによる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永保」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永保の関連情報

関連キーワード

アレクシオス(1世)アレクシオス[1世]成尋承暦禅林寺成尋阿闍梨母集丹波雅康長宴長明

他サービスで検索

「永保」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation