@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

永嘉の乱【えいかのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

永嘉の乱
えいかのらん
Yong-jia zhi luan; Yung-chia chih luan
中国,西晋 (→) 末期五胡の一つである匈奴華北を主舞台として起した動乱永嘉は西晋の懐帝年号 (307~313) 。恵帝のとき晋宗室の八王の乱により農民疲弊流亡がはなはだしく,西晋の国家権力も衰退した。この機会に山西省一帯にいた匈奴が立上がった。その首長劉淵は次第に勢力を増し,永嘉2 (308) 年にはみずから皇となった。の死後その子聡が立ったが,聡は懐帝を平陽に移してこれを殺した。この乱によって西晋朝は事実上滅亡し,五胡の華北支配,江南における東晋朝出現の道が開かれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいかのらん【永嘉の乱】
中国,西晋懐帝の永嘉年間(307‐312)に起こった匈奴族中心の動乱。漢以来,華北に移住していた匈奴,羌(きよう),鮮卑などの異民族は漢人収奪に苦しんだが,八王の乱を機に自立をはかった。匈奴の劉淵は304年(元熙1)平陽(山西省)に漢(のちの前)を建国,その子劉聡は,311年懐帝を洛陽に,ついで316年愍(びん)帝を長安に捕らえ,西は滅びた。かくて晋室は南渡し(東晋),華北は五胡十六国時代に入って南北対立がはじまった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

永嘉の乱
えいかのらん

中国、晋(しん)(西晋)末の永嘉年間(307~313)に起こった乱。300年に始まった八王の乱は、華北を大混乱に陥れ、晋朝統治下で圧迫されていた異民族に独立の機会を与えた。そのなかでもっとも早く活動したのは匈奴(きょうど)族であり、劉淵(りゅうえん)が304年に漢(前趙(ぜんちょう))国を建てると、山西を根拠に河南・山東方面を攻略、311年には晋の都洛陽(らくよう)を落として懐帝を捕らえ、破壊略奪をほしいままにした。翌々年懐帝が殺されると、愍(びん)帝が長安で即位したがもはや力なく、西晋は洛陽陥落をもって実質的に滅亡したといえる。316年愍帝が漢の劉曜(りゅうよう)に降(くだ)って翌年殺されると、司馬睿(しばえい)が建康に晋(東晋)を復興し、以後は北に五胡(ごこ)の諸国、南に東晋という政治的分裂の時代が続く。

[窪添慶文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

永嘉の乱
えいかのらん
西晋末期の307〜312年に起こった,匈奴を中心とした兵乱
八王の乱で勢力を伸ばした五胡のうち,匈奴 (きようど) の劉淵 (りゆうえん) は山西地方に漢国(前趙)を建て,その子劉聡 (りゆうそう) のとき311年西晋の都洛陽を破壊して懐帝ら数万人を殺した。代わって長安に愍 (びん) 帝が即位したが,316年劉聡の攻撃を受けて下り,西晋は滅亡した。翌年,建康(現在の南京)を都に東晋が建国されたが,華北は五胡十六国の動乱時代に移った。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永嘉の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永嘉の乱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation