@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

永楽帝【えいらくてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

永楽帝
えいらくてい
Yong-le-di; Yung-lo-ti
[生]至正20(1360)
[没]永楽22(1424)
中国,の第3代皇帝 (在位 1402~24) 。名は朱棣 (しゅてい) 。廟号太宗,のち成祖洪武帝の第4子。燕王として北平に封じられ,靖難の変を起して建文4 (02) 年に建文帝から帝位を奪った。その非難を避けるため対外的に積極政策をとり,永楽4 (06) 年ベトナム (安南) を征服し,同8年から同 22年までに5たびモンゴルに親征して,内モンゴル東部を完全に手に入れた。また宦官イシハ (亦失哈)に命じ東北を経略し,黒竜江 (アムール川) 口に奴児干都司 (ぬるがんとし) を設けて永寧寺を建て,さらに鄭和らに命じて南海を経略し,前後7回にわたり遠く西アジア,東アフリカ諸国まで朝貢させ,明の国威を示した。帝は北京遷都を行い,内外政に宦官を大いに利用し,また『永楽大典』などの大編纂事業を完遂した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいらく‐てい【永楽帝】
[1360~1424]中国、の第3代皇帝。在位1402~1424。太祖の第4子。名は棣(しゅてい)。靖難(せいなん)の変を起こして即位。諸王を抑え君主権を強化し、宦官(かんがん)重用。のち南京(ナンキン)から北京(ペキン)に遷都。対外的には積極策をとり、他国からの朝貢も盛んだった。また、「永楽大典」「四書大全」などの編纂(へんさん)を命じた。太宗。成祖。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいらくてい【永楽帝 Yŏng lè dì】
1360‐1424
中国,明朝第3代の皇帝,在位1402‐24年。は朱,名は棣,廟号成祖,年号により永楽帝とよばれる。明朝の創業者たる太祖洪武帝の第4子で,21歳の時,北平(北京)に封ぜられ,燕王となってから頭角をあらわし,太祖のあとをついだの建文帝から帝位を奪って(靖難の変)皇帝となった。即位後,国都を南京から北京へうつした。その22年にわたる治世は,はなばなしい対外積極政策で飾られ,中国史上もっとも活気にみちた時代であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいらくてい【永楽帝】
1360~1424 中国、明の第三代皇帝(在位1402~1424)。名は棣たい。諡おくりなは文皇帝。廟号びようごうは太宗、のちに成祖。洪武帝の第四子。はじめ燕王えんおうに封ぜられた。洪武帝の死後、靖難せいなんの役で建文帝を倒して即位。北京を都とし、皇帝権の伸長に努め、モンゴルを攻め、また鄭和ていわを南方に派遣して諸国を従わせた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

永楽帝
えいらくてい
(1360―1424)
中国、明(みん)朝第3代の皇帝(在位1402~24)。姓は朱、名は棣(てい)。明朝の創業者である太祖洪武帝の第4子で、廟号(びょうごう)は太宗、嘉靖(かせい)帝のとき改めて成祖。永楽帝の名称は、治世が永楽の年号でよばれたことに基づく。21歳のとき北平(北京(ペキン))に封ぜられ、燕(えん)王となってから頭角を現し、太祖の後を継いだ甥(おい)の建文帝から位を奪って(靖難の変)帝位につき、国都を北京に移した。その22年にわたる治世は華々しい対外積極政策で飾られ、中国史上もっとも活気にあふれた時代であった。彼は中国史上最高の軍人帝王の評をもち、漢人の皇帝としてはただ1人、自ら大軍を率いて五度もモンゴリアを親征したほか、シベリア経営に乗り出し、黒竜江(アムール川)河口から苦夷(くい)(樺太(からふと))にまで領土を拡張し、チベットを臣属させ、安南にも兵を進め、交趾(こうし)布政司を設けて中国領土に編入した。西方についても、嘉峪関(かよくかん)付近でティームール帝国と接触し、朝鮮半島では李(り)氏の朝鮮王朝を服従させ、室町幕府の3代将軍足利義満(あしかがよしみつ)を日本国王に封じて、日本を朝貢国とするに至った。さらに南方諸国に対しては、鄭和(ていわ)の率いる大船団を七度も派遣し、東南アジアから、インド洋、ペルシア湾、紅海の沿岸、アフリカ東海岸の三十数か国と活発な貿易を行わせた。こうして15世紀初頭の東アジア世界には、直接の武力制圧、あるいは朝貢関係を通じて、明帝国を中心とする国際的秩序が成立し、永楽帝はその主宰者であったといえる。
 だが、対外政策に比べると、内政面での業績は見劣りがする。『永楽大典』などの大掛りな勅撰(ちょくせん)書の編纂(へんさん)が勅命によって行われたのが目だつ程度である。しかも、靖難の変後、建文帝側近の有力者とその一族に対して行った誅滅(ちゅうめつ)事件は、「永楽の瓜蔓抄(つるまくり)」として後世の非難を受け、また、簒奪(さんだつ)者の後ろめたさに起因する宦官(かんがん)の重用など、内政的には暗さの伴っているのは否定できない。要するに永楽帝は、太祖の育てた財力を利用して華々しい対外活動を繰り広げたのであるが、その生涯にふさわしく、1424年7月28日、モンゴリアへの第五次親征の帰途、楡木川(ゆぼくせん)(内モンゴル自治区多倫(ドロン)県の北西)の地で病没した。遺体は北京の北方40キロメートルにある天寿山麓(さんろく)(北京市昌平区)に葬られ、陵は長陵とよばれている。なお、その付近には永楽帝以下13人の皇帝たちの陵墓群があり、明十三陵として観光地となっている。[寺田隆信]
『寺田隆信著『永楽帝』(1966・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいらく‐てい【永楽帝】
中国、明朝の第三代皇帝(在位一四〇二‐二四)。洪武帝の第四子。姓は朱、名は棣(たい)。洪武帝没後、靖難(せいなん)の変を起こして自ら帝位につき年号を永楽と改元。北京に遷都。韃靼(だったん)部を討ち、また宦官(かんがん)の鄭和(ていわ)を南海に派遣して諸国を従わせた。内政では、中央集権を強化し、「永楽大典」など大部な図書を編集させ、学術を奨励。太宗。成祖。(一三六〇‐一四二四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

永楽帝
えいらくてい
1360〜1424
明朝第3代の皇帝,成祖(在位1402〜24)
太祖洪武帝の第4子朱棣。燕 (えん) 王として北京に駐在し,モンゴルに備えていたが,靖難 (せいなん) の(1399〜1402)を起こして南京を占領,甥の建文帝をおって帝位につき,1421年北京に遷都した。帝の積極的な対外政策もあり,国威は,北は黒竜江下流,南は安南(現ヴェトナム),西はチベット,また鄭和 (ていわ) の遠征によって遠くアフリカ沿岸に達し,漢・唐の大帝国以上の領土に広がった。5度目のモンゴル親征の帰途,内モンゴルの楡木川 (ゆぼくせん) で病没。また図書の編集にも熱心で,『永楽大典』『四書大全』『五経大全』などを残した。廟墓は北京郊外の長陵にある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永楽帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永楽帝の関連情報

関連キーワード

徐寿輝要塞地帯原爆症認定制度つくば市総合運動公園つくば市総合運動公園計画つくば市総合運動公園の基本計画認定こども園伏見の酒永源寺

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation