@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

永田鉄山【ながたてつざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

永田鉄山
ながたてつざん
[生]1884.1.14. 諏訪
[没]1935.8.12. 東京
陸軍中将。 1904年陸軍士官学校卒業。 11年陸軍大学校を卒業し,13年歩兵 58連隊中隊長。同年ドイツに駐在。 15年デンマーク,スウェーデンに駐在。帰国後,20年論文「国家総動員に関する意見」を発表。 26年国家総動員機関設置準備委員会幹事となり,持論であった国家総動員体制の完成を期して各方面に交渉してその基礎をつくった。 34年陸軍省軍務局長となったが,統制派中心人物の一人であったために,翌年皇道派の相沢中佐により斬殺された (→相沢事件 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ながた‐てつざん【永田鉄山】
[1884~1935]陸軍軍人。長野の生まれ。第一次大戦後、国家総力戦体制を推進。統制派の中心人物。軍務局長のとき皇道派相沢三郎中佐に斬殺された。→相沢事件

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

永田鉄山 ながた-てつざん
1884-1935 大正-昭和時代前期の軍人。
明治17年1月14日生まれ。陸軍省動員課長,軍事課長,歩兵第一旅団長などを歴任する。総動員体制を推進し,陸軍の統制派の中心メンバーとして活動。軍務局長在任中の昭和10年8月12日,局長室で皇道派の相沢三郎中佐に刺殺された。52歳。死後中将。長野県出身。陸軍大学校卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ながたてつざん【永田鉄山】
1884‐1935(明治17‐昭和10)
陸軍軍人。長野県出身。1911年陸軍大学校を優等で卒業後,ドイツに駐在して軍事研究を行った。16年デンマーク駐在,20年スイス在勤帝国公使館付武官となり,第1次世界大戦前後のヨーロッパの軍事情勢を学ぶなかで国家総動員の必要性を認識するに至った。帰国後,23年に参謀本部作戦資材整備会議幹事,陸大教官,26年に陸軍省整備局動員課長,28年に第3連隊長,30年に陸軍省軍務局軍事課長,32年に参謀本部第2部長,歩兵第1旅団長と,いわゆる統制派の中心人物としてエリート・コースを進み,34年に軍務局長に就任した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

永田鉄山
ながたてつざん
(1884―1935)

昭和期の陸軍軍人。明治17年1月14日長野県生まれ。陸軍士官学校16期、陸軍大学校23期卒業。軍事研究のためドイツ、デンマークなどに駐在。スイス駐在中の1921年(大正10)ドイツで小畑敏四郎(おばたとししろう)、岡村寧次(おかむらやすじ)、東条英機(とうじょうひでき)らと陸軍刷新、総動員体制構築について盟約を結び、のちに省部中堅幕僚の横断的結合組織である二葉会を結成した。1926年整備局動員課長、1930年(昭和5)軍務局軍事課長、1932年参謀本部第二部長を経て、1934年軍務局長。この間ファッショ的総力戦体制構築の中心的推進者として軍事行政に辣腕(らつわん)を振るった。統制派のリーダーで、将来の陸相との声も高かったが、真崎甚三郎(まざきじんざぶろう)教育総監更迭の首謀者、財閥・重臣との通謀者と目され、皇道派相沢三郎(あいざわさぶろう)中佐に昭和10年8月12日軍務局長室内において斬殺(ざんさつ)された。

[山田 朗]

『永田鉄山刊行会編『秘録永田鉄山』(1972・芙蓉書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

永田鉄山
ながたてつざん
1884〜1935
昭和初期の軍人
陸軍中将。長野県の生まれ。陸軍省軍務局長として,統制派の中心人物。1934年皇道派の教育総監真崎甚三郎を罷免させた張本人と目され,翌'35年白昼皇道派の相沢三郎中佐に陸軍省内で刺殺された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永田鉄山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永田鉄山の関連情報

関連キーワード

検察官(司法)ペルチナクスペルティナクス山田哲人国際連合コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス監査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation