@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

氾濫原【はんらんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

氾濫原
はんらんげん
floodplain
河川の堆積作用で生じた平地で,洪水時に冠水する部分。河川側方浸食によって谷幅が広がり,谷礫が堆積して形成される。ミシシッピ川下流のように幅 100km以上に及ぶこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はんらん‐げん【氾濫原】
河川の氾濫や河道の移動によってできた平野。河川の堆積(たいせき)物によって構成され、洪水時には浸水する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんらんげん【氾濫原 flood plain】
河川のはんらんによって運ばれた未固結の堆積物によって構成されている低地広義には,扇状地,三角州,谷底平野など河成の沖積平野のすべてを指すが,狭義には,蛇行河川の側方移動に伴う谷壁の浸食と河川運搬物質の堆積によって形成された谷底平坦面を指す。蛇行河川では湾曲部の外側において流速が速く,内側において流速が遅いため,外側において浸食作用が,内側において堆積作用が卓越する。その結果,河道は次第に側方に移動して谷壁を刻み,谷幅を広げると共に,谷底にはシルトなどのはんらん原堆積物が堆積してはんらん原が形成される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

氾濫原
はんらんげん

洪水時に河水が常水路からあふれて氾濫する範囲の平野。沖積平野の一種で洪涵平野(こうかんへいや)ともいう。川の蛇行に伴う側方移動によって谷壁が後退し、浸水の範囲を広げる。氾濫原をつくる堆積(たいせき)物は川の運んできた未固結の物質からなり、とくに蛇行州の発達によって側方への堆積が促進される。洪水時に上流側から運ばれてきた物質の堆積は側方への堆積に比べて少ないが、自然堤防や後背湿地などの形成には大きな役割を果たす。水文(すいもん)学的には周期的に洪水によって浸水する範囲をさし、再現期間10年の洪水によって浸水する範囲がほぼ地形的な氾濫原の範囲と一致する。年最大流量によって浸水する範囲を活氾濫原とよぶこともある。

[髙山茂美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はんらん‐げん【氾濫原】
〘名〙 洪水などによって河川が氾濫し、運ばれてきた土・砂・小石などが堆積して生じたほぼ平坦な土地。氾濫平野。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氾濫原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

氾濫原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation