@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ジュウ】

デジタル大辞泉

じゅう【汁】[漢字項目]
常用漢字] [音]ジュウ(ジフ)(慣) [訓]しる
〈ジュウ〉しる。「液汁果汁胆汁肉汁乳汁墨汁一汁一菜
〈しる(じる)〉「汁粉(しるこ)汁物煮汁鼻汁味噌汁(みそしる)
[難読]灰汁(あく)豆汁(ご)苦汁(にがり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しる【汁】
物からしみ出させ、または絞りとった液体。「レモンの
だし・調味料などで味をつけた料理用の液。
すまし汁・味噌汁などの汁物。つゆ。
自分が独り占めしたり、他人の努力や犠牲のおかげで受けたりする利益。「うまいを吸う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しる【汁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しる【汁】
物の内部にある液体。物からしみ出た液、または、しぼり取った液にもいう。 リンゴの-
吸い物・味噌汁など、調理した汁物。つゆ。 -の実
料理のもととなる液状のもの。出し汁。
(「うまい汁を吸う」の形で)他人の力で得た利益・もうけ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しる【汁】
〘名〙
① 物体からしみ出る、または、しぼり取った液。
※古事記(712)上・歌謡「染木が斯流(シル)に 染め衣を まつぶさに 取り装ひ」
② 汁物。特に、めしの菜としてすするもの。つゆ。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「厨女、〈略〉黄菜(さはやけ)のしるしてもて来たり」
③ 六質汁(むしつじる)のこと。芋・大根・牛蒡(ごぼう)・小豆(あずき)など六種の品を煮て汁としたもの。針供養に食するのが例だった。
※雑俳・柳多留‐一四二(1835)「汁の実も乞食仕立の針供養」
※随筆・玉勝間(1795‐1812)一二「甘露寺元長卿記に、於姉小路三位亭汁、また、内蔵頭有招事、汁張行、など見えたり、今の世にも、田舎にて、汁といふことあり」
⑤ うるおい。みずみずしさ。
※わらんべ草(1660)二「物をかくも、老ては字にしるなく、つやなく、こつこつと見ゆる」
⑥ 雨気。
※俳諧・毛吹草(1638)五「花も露も残る樗や雲に汁〈秀重〉」
⑦ 他の力をかりて受ける利益、もうけ。→うまい汁を吸う

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation