@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

汐汲【しおくみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

汐汲
しおくみ
歌舞伎舞踊曲。本名題『七枚続花姿絵』。七変化の一つ。文化8 (1811) 年江戸市村座で3世坂東三津五郎が初演。作詞2世桜田治助,作曲杵屋正次郎,岸沢古式部,振付1世藤間勘十郎。初演のときは長唄と常磐津の掛合であったが,文政6 (23) 年の再演から長唄になり,松風』に基づく汐汲物の歌舞伎舞踊のうち最も有名な作品となった。内容は在原行平を思慕する海女の踊りで,踊り地の傘尽しでは三蓋傘の踊りがある。汐汲物としては同じ長唄による宝暦 12 (1762) 年初演『みるめの汐汲』,寛政4 (92) 年初演『半四郎の汐汲』,文化5 (1808) 年初演『浜松風』,同9年初演『勇次郎の汐汲』,同 10年初演『松風の汐汲』,同 14年初演『団之助の汐汲』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しおくみ【汐汲】[歌舞伎舞踊]
歌舞伎舞踊長唄。2世桜田治助作詞、2世杵屋正次郎作曲。謡曲の「松風」に取材したもの。七変化七枚続花の姿絵」の一つとして、文化8年(1811)江戸市村座初演。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しおくみ【汐汲】
歌舞伎舞踊。長唄。1811年(文化8)3月江戸市村座で3世坂東三津五郎により初演。七変化所作事《七枚続花の姿絵(しちまいつづきはなのすがたえ)》の一曲。作詞2世桜田治助。作曲2世杵屋正次郎。能の《松風》から取材。海女(あま)の松風が,在原行平のかたみの烏帽子狩衣を着て恋人を偲ぶ振りをする。本来は海女の姿だったが,のちお姫様風の姿にかわった。花道での汐汲の振り,華美な傘づくしなど女方の踊りとして上演が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しおくみ【汐汲】
能の「松風」を題材とした歌舞伎舞踊の一系統。桜田治助作詞の七変化しちへんげ中の「七枚続花の姿絵」が有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

汐汲
しおくみ
歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。3世桜田治助作詞、3世杵屋(きねや)正次郎作曲、初世藤間勘十郎振付け。1811年(文化8)3月、江戸・市村座で3世坂東(ばんどう)三津五郎が初演した七変化舞踊『七枚続花の姿絵(しちまいつづきはなのすがたえ)』の一つ。能『松風(まつかぜ)』に取材し、海女(あま)松風が恋人在原行平(ありわらのゆきひら)の形見の烏帽子狩衣(えぼしかりぎぬ)を身に着け、行平をしのぶ姿を描いたもの。汐(しお)を汲(く)む振(ふり)、須磨(すま)の浦を描写する物語、行平へのクドキ、三蓋傘(さんがいがさ)の小道具を使ったはでな傘尽くしなどを経て、能を模した舞がかりで終わる。初演は常磐津(ときわず)との掛合いであったが、現在は長唄のみ。普通、赤の着付に文金島田・金烏帽子という娘姿だが、海女の姿で踊ることもある。また、三津五郎再演の例に従い、海女を狐(きつね)の化身として、花道のすっぽんから登場する演出もある。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

汐汲
(通称)
しおくみ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
七枚続花の姿絵
初演
文化8.3(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汐汲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汐汲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation