@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

汗腺【かんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

汗腺
かんせん
sweat gland
汗を分泌する皮膚腺一種アポクリン腺エクリン腺の2種類がある。アポクリンは人間の場合は腋窩,外陰部など特定部位に限られて存在する。腺の大部分を占めるエクリン腺は,全身の皮膚に分布し発汗により体温調節を行う。皮膚に開口する排出管を有し,終末部の腺体は,真皮または皮下結合組織の中にあって糸球体をなし,屈曲している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐せん【汗腺】
汗を分泌する皮膚腺。真皮または結合組織中にあり、管状をなす。エクリン腺アポクリン腺とがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

汗腺
 皮膚表面に開口した汗を分泌する腺.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんせん【汗腺 sudoriferous gland】
哺乳類の皮膚腺の一種で,汗を分泌する。一般の表皮から発生する小汗腺(エクリン腺とも呼ばれ,普通の汗を分泌する)と,表皮性毛囊に由来する大汗腺(アポクリン腺とも呼ばれ,粘稠(ねんちゆう)かつ臭気を帯びた液を分泌する)の2種が区別され,前者漏出分泌(エクリン)型,後者は離出分泌(アポクリン)型である。一般に哺乳類の汗腺は離出分泌型で,足指の裏の趾球(しきゆう)のみが漏出分泌腺である。クジラセイウチには漏出分泌腺はない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

汗腺
かんせん

皮下組織内にある皮膚腺の一つで、汗を分泌する。外分泌腺で、その導管は汗管とよばれ、細長い円筒形で、皮下組織と真皮の中を軽く螺旋(らせん)状に曲がりながら上行し、真皮乳頭の間から表皮に入り、最後には外皮表面の最高部である皮膚小稜(しょうりょう)の頂に開口する。その開口部を汗孔(汗口)という。汗腺は形態的、生理的に異なるエクリン腺(小汗腺)とアポクリン腺(大汗腺)に分けられる。特殊型としてまつげの根部近くにある睫毛腺(しょうもうせん)をはじめ、肛門周囲腺(こうもんしゅういせん)(肛囲腺)や耳道腺(耳垢腺(じこうせん))があるが、いずれもアポクリン腺に属する。エクリン腺は大量の水分を分泌して体温調節に関与する汗腺で、毛とは関係なく分布するが、アポクリン腺はヒトの場合、退化してわきの下などの毛とともに局在し、体温調節には関与しない。両者は解剖学的にも分泌生理学的にも根本的な差はなく、アポクリン腺からエクリン腺への進化過程に沿った一連の変化であることが認められている。

[齋藤公子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐せん【汗腺】
〘名〙 哺乳類の皮膚にあり、汗を分泌する腺。アポクリン腺とエクリン腺とがある。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汗腺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汗腺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation