@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

江夏豊【えなつ ゆたか】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

江夏豊 えなつ-ゆたか
1948- 昭和時代後期のプロ野球選手。
昭和23年5月15日生まれ。42年阪神に入団。翌年25勝で最多勝,シーズン401奪三振の日本記録。左腕の速球投手として王貞治,長嶋茂雄らと対決。46年オールスターで9連続三振。51年南海に移籍後はリリーフに転向し,広島,日本ハム,西武とうつり,「優勝請負人」とよばれた。実働18年,通算206勝158敗,193セーブ,防御率2.49,2987奪三振。ノーヒットノーラン1回。大阪出身。大阪学院高卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

江夏豊
えなつゆたか
(1948― )

プロ野球選手(投手:左投左打)。5月15日、兵庫県生まれ。大阪学院高からドラフト1位で1967年(昭和42)に阪神タイガースに入団、初年度から奪三振王に輝き、以降6年連続で同タイトルを獲得した。1968年は25勝で年間最多勝利となり、沢村賞を受賞、奪三振は401を数えたが、これはノーラン・ライアンのもつアメリカ大リーグ記録383をしのぐ世界記録である。1969年には最優秀防御率、73年8月には対中日ドラゴンズ戦で延長11回を投げきりノーヒットノーランを達成、この年には2回目の最多勝のタイトルを獲得した。読売ジャイアンツ(巨人)の王貞治(さだはる)に強烈なライバル心を燃やし、また1971年のオールスター戦では9者連続三振の離れ技を演じるなど、記録だけでなく記憶にも残る投球をみせた。1976年、南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に移り、監督兼捕手であった野村克也に説得されて77年から救援投手に転向した。当時、救援専任は画期的なアイデアで、その後、計5回も最優秀救援投手のタイトルを獲得。1979年と80年に広島東洋カープを日本一、81年は日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)をリーグ優勝に導き、79年と81年は最優秀選手(MVP)となった。また、その活躍から、「優勝請負人」とよばれた。1984年西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)に移り、同年退団後、大リーグのミルウォーキー・ブリュワーズ入りを目ざしたが果たせず、引退した。

[出村義和]

 18年間の通算成績は、登板試合829、投球回3196、206勝158敗、セーブ193、防御率2.49、奪三振2987、完投154、完封45。獲得したおもなタイトルは、最多勝利2回、最優秀救援5回、最優秀防御率1回、最多奪三振6回、最優秀選手(MVP)2回、沢村賞1回、ベストナイン1回。

[編集部]

『江夏豊著『江夏豊自伝――流浪のサウスポー』(1981・講談社)』『高橋正嘉著『36歳のグリーンボーイ』(1985・大和書房)』『スポーツ・グラフィックナンバー編『Sports Graphic Number ベストセレクション1』(1998・文芸春秋)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江夏豊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江夏豊の関連情報

関連キーワード

新藤兼人チェコおよびスロバキア史(年表)木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation