@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

江家文庫【ゴウケブンコ】

デジタル大辞泉

ごうけ‐ぶんこ〔ガウケ‐〕【江家文庫】
平安後期、大江匡房(おおえのまさふさ)が京都の二条高倉の自邸に家蔵の典籍類を収蔵した文庫。仁平3年(1153)焼失千種(ちぐさ)文庫。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

江家文庫
ごうけぶんこ
平安時代に文章道(もんじょうどう)を家学とし多くの学者を輩出した大江家に伝来の蔵書を収めた文庫。大江匡房(まさふさ)が平安京の二条高倉(京都市中京(なかぎょう)区)の地に倉を建てて書物を安置したことが『宇槐記抄(うかいきしょう)』などにみえるが、藤原忠実(ただざね)が火災のおそれについて匡房に尋ねたところ、匡房は「日本が滅びない限り、この書物も滅びない」と述べ、その心配をものともしなかったという。その後匡房は1077年(承暦1)に、かつて村上(むらかみ)天皇の皇子具平(ともひら)親王の邸(やしき)であった千種(ちぐさ)殿(下京区)を購入し、文庫もそこへ移した(千種文庫)。しかし1153年(仁平3)に平安京に火災が発生し、文庫も焼失してしまった。『百錬抄(ひゃくれんしょう)』は「江家の千草の文倉が灰燼(かいじん)に帰し、万巻の書物は瞬時に滅びさった」と記している。[吉岡眞之]
『小野則秋著『日本文庫史研究 上』(1979・臨川書店) ▽川口久雄著『大江匡房』(1968・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごうけ‐ぶんこ ガウケ‥【江家文庫】
平安後期の漢学者大江匡房(おおえのまさふさ)が、家蔵の典籍類を収蔵した文庫。承暦元年(一〇七七)に樋口町尻の具平親王の旧邸(千種殿)を購入し、やがて文庫を構えたもの。仁平三年(一一五三)、京都の大火で焼失した。千種(ちぐさ)文庫。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江家文庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江家文庫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation