@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

江島其磧【えじまきせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

江島其磧
えじまきせき
[生]寛文6(1666)/7(1667).京都
[没]享保20(1735)/元文1(1736).6.1. 京都
江戸時代中期の浮世草子作者。本名,村瀬権之丞。通称,庄左衛門,のちに市郎左衛門と称した。京都の有名な大仏餅屋の4代目の主人。初め松本治太夫のために浄瑠璃を書いたが,元禄 12 (1699) 年役者評判記『役者口三味線』を出して評判を得,同 14年同じく八文字屋から浮世草子『傾城色三味線 (けいせいじゃみせん) 』を出した。正徳1 (1711) 年『傾城禁短気』を発表してのち八文字屋自笑と争ったが享保3 (18) 年になって和解,その間,気質 (かたぎ) 物の『世間子息気質 (むすこかたぎ) 』『世間娘容気 (かたぎ) 』などを出し,新境地を開いた。西鶴に深く私淑したが,資質において西鶴に及ぶべくもなく亜流作家の位置にとどまった。しかし西鶴以後の浮世草子代表作家として後世に与えた影響は大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えじま‐きせき【江島其磧】
[1667~1736]江戸中期の浮世草子作者。京都の人。本名村瀬権之丞通称、庄左衛門・市郎左衛門。井原西鶴のあとを受け、八文字屋自笑のもとで役者評判記・浮世草子をした。著「傾城(けいせい)色三味線」「傾城禁短気」「世間子息気質(せけんむすこかたぎ)」など。江島屋其磧

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

江島其磧 えじま-きせき
1666/67-1735/36 江戸時代前期-中期の浮世草子作者。
寛文6/7年生まれ。京都の大仏餅屋。役者評判記「役者口三味線」,浮世草子「けいせい色三味線」を八文字屋から刊行,評判をとる。八文字屋と対立,一時江島屋を開業するが,のち和解。「世間子息気質」ほか,多数の浮世草子をのこした。享保(きょうほう)20/元文元年6月1日死去。70歳。姓は村瀬。通称は権之丞,庄左衛門。
格言など】親苦労する,その子楽する,孫乞食する(「世間子息気質」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

えじまきせき【江島其磧】
1666か67‐1735か36(寛文6か7‐享保20か元文1)
江戸時代の浮世草子作者。本名村瀬権之丞,通称庄左衛門。京都の人。江戸時代初めより続く大仏餅屋の主人。1696年ころに浄瑠璃の作があるが,99年役者評判記《役者口三味線》を,1701年には浮世草子《けいせい色三味線》を京都の八文字屋から出してより,評判記・浮世草子の作者として活躍。前者は以前の容色本位の評判を脱して芸評書としての性格をはっきりうち出し,体裁・位付け・批評法など以後幕末・明治に至る評判記の型を定める書となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えじまきせき【江島其磧】
1667~1736 江戸中期の浮世草子作者。京都の人。本名、茂知。通称、市郎左衛門。西鶴の影響を受け、八文字屋自笑の名義または自笑との共著で役者評判記や浮世草子を著した。著「傾城けいせい色三味線」「世間子息気質むすこかたぎ」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

江島其磧
えじまきせき
(1666/67―1735/36)
江戸中期の浮世草子作家。本名村瀬権之丞(ごんのじょう)、通称庄左衛門。代々京都方広寺前で大仏餅(もち)を商う富裕な商家で、其磧は4代目。1699年(元禄12)に書肆(しょし)八文字八左衛門(自笑)の陰の作者として書いた役者評判記『役者口三味線(くちじゃみせん)』が好評を得、1701年(元禄14)刊の『傾城色三味線(けいせいいろじゃみせん)』で浮世草子界に登場した。同書は体裁・内容両面で斯界(しかい)に新風を吹き込む作で、続いて其磧は『風流曲三味線』等で宝永(ほうえい)期(1704~1711)を西沢一風(いっぷう)と競いつつ、1711年刊の『傾城禁短気(きんたんき)』で自らの好色物を集大成するとともに、第一人者としての地位を確立した。しかし一方で、宝永末ごろから八文字屋と利益配分などで対立、息子名義で書肆江島屋(市郎左衛門)を開業、1714年(正徳4)刊の『役者目利講(めききこう)』で内情を暴露して全面抗争に入る。この間『商人軍配団(あきんどぐんばいうちわ)』(1712)等の町人物、『世間子息気質(むすこかたぎ)』(1715)等の気質物を出して対抗するが、1718年(享保3)には和解、以後は『浮世親仁形気(おやじかたぎ)』(1720)等、其磧・自笑の連署で八文字屋から出すようになった(1721年までは江島屋との相版)。こののち、歌舞伎(かぶき)、浄瑠璃(じょうるり)の趣向をふんだんに取り入れた時代物を制作して八文字屋全盛期を現出、量的にも質的にも西鶴(さいかく)以後最大の浮世草子作家となった。享保(きょうほう)20年6月1日、または翌元文(げんぶん)元年6月70歳で没した。
 生涯の述作およそ70。文章などで西鶴を剽窃(ひょうせつ)するところ多く、かつ西鶴のもつ現実主義的態度は放棄しているが、平明な文体や巧みな構成などで浮世草子をより大衆化させ、後期戯作(げさく)者への影響は西鶴よりも強かった。[江本 裕]
『中村幸彦著「自笑其磧確執時代・八文字屋本版木行方」(『近世小説史の研究』所収・1961・桜楓社/『中村幸彦著述集5』1982・中央公論社に再録) ▽野間光辰校注『日本古典文学大系91 浮世草子集』(1966・岩波書店) ▽長谷川強著『浮世草子の研究』(1969・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えじま‐きせき【江島其磧】
江戸中期の浮世草子作者。京都生まれ。本名、村瀬権之丞。通称、庄左衛門。西鶴の作風をまねた役者評判記「役者口三味線」を書肆八文字屋より刊行した後、浮世草子を多数執筆、八文字屋自笑の名で刊行。自笑と確執があり、書肆江島屋を起こして其磧名の作を出すが、和解後は自笑との連名で執筆刊行する。著「傾城色三味線」「傾城曲三味線」「傾城禁短気」「世間子息気質」「世間娘容気」など。寛文六~享保二〇年(一六六六‐一七三五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

江島其磧
えじまきせき
1666〜1735
江戸中期の浮世草子作者
京都の餅屋に生まれた。八文字屋自笑と組んで歌舞伎俳優の芸評を始め,『役者口三味線』『傾城色三味線』や気質物 (かたぎもの) と呼ばれる浮世草子の作風を開いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江島其磧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江島其磧の関連情報

関連キーワード

ニュートン(Sir Isaac Newton)ニュートンモリエールライプニッツドライデン瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation