@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

江戸浄瑠璃【えどじょうるり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

江戸浄瑠璃
えどじょうるり
日本音楽の分類名称。 (1) 上方義太夫節に対して,江戸の河東節,常磐津節,富本節清元節,新内節などをいう。享保 (1716~36) 以後に,人形芝居の古浄瑠璃から歌舞伎伴奏用に転成した,歌曲性の濃厚な浄瑠璃である。 (2) 江戸で成立または発達した浄瑠璃を,古浄瑠璃も含めて一般的にいう。その古浄瑠璃には,薩摩節,肥前節,金平 (きんぴら) 節,永閑節,外記 (げき) 節,土佐節,半太夫節などがある。土佐節は,土佐少掾流派で,京都の山本土佐掾とは無関係。 (3) 義太夫節のうち,江戸作者による作品をいうこともある。福内鬼外の『神霊矢口渡』,紀上太郎の『碁太平記白石噺』,松貫四,司馬芝叟合作の『伽羅 (めいぼく) 先代萩』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えど‐じょうるり〔‐ジヤウルリ〕【江戸浄瑠璃】
江戸で発生し、流行した浄瑠璃の総称。古くは薩摩節(さつまぶし)金平節(きんぴらぶし)土佐節外記節(げきぶし)永閑節大薩摩節(おおざつまぶし)半太夫節、やや遅れて、享保(1716~1736)以降の河東節(かとうぶし)常磐津節(ときわずぶし)富本節清元節新内節などをいう。一般には、河東節以降のものをさす場合が多い。吾妻(あずま)浄瑠璃。→江戸節上方(かみがた)浄瑠璃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えどじょうるり【江戸浄瑠璃】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

えど‐じょうるり ‥ジャウルリ【江戸浄瑠璃】
〘名〙 江戸に発生した浄瑠璃節。広義には、元祿(一六八八‐一七〇四)以前の古浄瑠璃も含めるが、狭義には、元祿以後の外記節、半太夫節、河東節などの称。これに常磐津、富本、清元、新内などの豊後節系統を含めることもあり、別に享保(一七一六‐三六)以後、江戸で書かれた義太夫浄瑠璃の意にも用いられる。
※雑俳・よりくり(1704)「あっさりとしたる所が面白し 江戸浄瑠璃は干鮭の味」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸浄瑠璃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江戸浄瑠璃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation