@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

江湖【コウコ】

デジタル大辞泉

こう‐こ〔カウ‐〕【江湖】
《「ごうこ」とも》
川と湖。特に、中国の揚子江洞庭湖
世の中。世間。一般社会。「広く江湖の喝采を博す」
都から遠く離れた地。隠者の住む地。
「猫を友にして日月を送る―の処士」〈漱石吾輩は猫である

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐こ〔ガウ‐〕【江湖】
こうこ(江湖)
《馬祖が揚子江の西に、石頭が洞庭湖の南に住し、参禅の徒がその間を往復した故事に基づく》
㋐「江湖僧」の
㋑「江湖会」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えご【江湖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐こ カウ‥【江湖】
〘名〙 (古くは「ごうこ」とも)
① 川と湖。また、広く水をたたえたところ。特に、揚子江と洞庭湖。
※菅家文草(900頃)一・秋日山行二十韻「戸牖棊千峙、江湖帯一条」
※随筆・胆大小心録(1808)一五九「もとより山をうしろに江湖を前に、小嶋の心ゆかぬにはあらず」 〔荘子‐逍遙遊〕
② 世の中。世間。天下。
※日葡辞書(1603‐04)「Gǒcono(ガウコノ) ヨリアイ、または、ツキアイ」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉八「君の名声倍々(ますます)江湖(コウコ)に鳴るを聞けども」 〔陶潜‐与毀晉安別詩〕
③ 都を遠くはなれたところ。また、隠士の住む所などにいう。
※和漢朗詠(1018頃)下「昔は京洛声華とはなやかなる客たり、今は江湖の潦倒とおちぶれたる翁となりたり〈白居易〉」 〔南史‐隠逸伝・上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐こ ガウ‥【江湖】
〘名〙
① 大寺名刹以外の江上・湖辺の禅寺。またそこに掛錫する僧。〔禅林象器箋(1741)〕
② 禅宗の世界。禅界。
※狂雲集(15C後)題養叟大用庵二首「欲一竿漁客、江湖近代逆風吹」
③ 「ごうこそう(江湖僧)」の略。〔文明本節用集(室町中)〕
④ 「ごうこえ(江湖会)」の略。
※仮名草子・片仮名本因果物語(1661)下「是を休玉わずんば、江湖を分散せんと云」
[語誌]中国で唐代に、馬祖道一が江西に、石頭希遷が湖南の地に住し、多くの僧徒がそのもとに集ったところから、禅宗の世界を江湖、禅僧を江湖僧、夏安居(げあんご)を江湖会(ごうこえ)と称する用法が生じた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation