@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

江華島【コウカトウ】

デジタル大辞泉

こうか‐とう〔カウクワタウ〕【江華島】
朝鮮半中西部、漢江河口にある島。仁川広域市の一部。カンファド。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうかとう【江華島 Kanghwa‐do】
朝鮮半島の中部京畿湾中の島。韓国の京畿道金浦郡に属する。対岸陸地との間を隔てる海峡の幅はわずか200~300mにすぎず,現在は橋によって結ばれ,国道とされている。面積293km2。高句麗時代には穴口郡,統一新羅の時代には海口郡とよばれた。高麗時代から首都防衛の第一関門や避難所として重視され,13世紀中葉にモンゴル軍が侵入してきたときには,ここを江都として《高麗大蔵経》の彫板を行い,モンゴルの調伏を祈った当時の国王高宗が28年間たてこもって抵抗した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カンファド【江華島】
韓国の北西岸、漢江ハンガンの河口に位置する島。こうかとう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうかとう【江華島】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

江華島
こうかとう / カンホワド
韓国(大韓民国)、京畿(けいき/キョンギ)湾の漢江(かんこう/ハンガン)河口にある島。仁川(じんせん/インチョン)広域市に属し、近隣の諸島とともに江華郡をなす。面積293平方キロメートル。1995年に仁川広域市に編入されるまでは京畿道に属していた。島の中心は江華邑(ゆう)(町)。元来、金浦(きんぽ/キムポ)半島と陸続きであったが、地質時代を通じての長い沈降運動や塩河の侵食などにより本土から分離した。現在は塩河を挟んで向かい合う金浦と橋梁(きょうりょう)によって連結されている。本島は丘陵性山地が重畳して天険の要塞(ようさい)をなし、国家の戦乱時には王都の避乱地として大きな役割を担ってきた。また海からの外来侵略者に対する首都防御の拠点として李朝(りちょう)時代はソウルの四鎮(ちん)の一つであった。李朝末期の1866年にフランス艦隊、71年にアメリカ艦隊の攻撃を受け、75年には日本との間に江華島事件が起こった。平野は少ないが農業は盛んで、とくに朝鮮戦争後、チョウセンニンジンの栽培が活発である。家内工業による工芸品の花紋蓆(むしろ)(ござ)の名産地である。新羅(しらぎ)時代に創建された伝燈(でんとう)寺、檀君(だんくん)聖跡の摩尼山塹星壇(まにさんざんせいだん)など古跡・名勝地に富む。[森 聖雨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうか‐とう カウクヮタウ【江華島】
朝鮮半島中西部の京畿湾にある島。大韓民国京畿道に属する。漢江の河口に位置し、ソウルの門戸となっている。侵略をうけたり、戦乱があったりするたびに、本土から首都が移された。紬(つむぎ)や花ござなどが特産。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

江華島
こうかとう
カンファ(江華)島」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江華島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江華島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation