@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

江陵【コウリョウ】

デジタル大辞泉

こうりょう〔カウリヨウ〕【江陵】
大韓民国北東部、日本海に面する都市。新羅(しらぎ)以降の遺跡が多い。カンヌン。
中国湖北省中南部の都市。古くから軍事・交通の要衝として発展した。チアンリン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンヌン【江陵】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうりょう【江陵 Kang(r)nǔng】
韓国,江原道の東部,日本海(東海)沿岸の都市。人口11万3775(1995)。東海岸地方では比較的平地に恵まれ,稲作中心の農業が営まれている。古代の部国家(わい)の拠点となった古都。李朝時代の儒学者李栗谷の出身地で,そのゆかりの建物が多い。1975年に嶺東高速道路が開通,北へは雪岳山観光,南へは東海を中心とする工業地帯への関門として人口が急増し,商業,サービス業が盛んとなっている。鏡浦台は韓国有数の海水浴場である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こうりょう【江陵 Jiāng líng】
中国,湖北省南部の県。武漢の西およそ200kmの長江(揚子江)の北岸にあり,北は河南陝西へ,西は四川に通ずる交通の要地を占める。春秋時代,楚の文王が定めた国都のえい)はその北郊にあり,春秋戦国を通して臨淄(りんし),邯鄲,大咸陽などと並ぶ大都市として繁栄を誇った。には江陵県がおかれて南郡の治所となり,江陵府,明・清は荆州府であった。その間,南朝梁の元帝は一時ここに都をおき,また五代のときには十国の一つ荆南の高氏もここを都とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうりょう カウリョウ【江陵】
[一] 韓国、江原道の日本海岸にある都市。古代は濊(わい)族の居住地で、漢代には臨屯郡に属し、新羅(しらぎ)の太宗武烈王の子孫が居住した。原京。河西府。溟州。慶興。カンヌン。
[二] 中国湖北省中南部の揚子江北岸に臨む都市。古くから交通、軍事上の要衝で、秦・漢代に県、唐代に府が置かれた。張江陵。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江陵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江陵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation