@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

池田勇人【いけだはやと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

池田勇人
いけだはやと
[生]1899.12.3. 広島
[没]1965.8.13. 東京
政治家。京都大学卒業後大蔵省に入り (1925) ,主税局長,大蔵事務次官 (47) を経て,1949年政界入りし,吉田茂首相に重用され,大蔵大臣通産大臣や自由党幹事長などの重要ポストを歴任。 60年安保改訂後辞職した岸信介を継いで自由民主党総裁となり,首相就任した。日本経済の高度成長期にあたり,「寛容と忍耐」のキャッチフレーズを打出しつつ,所得倍増計画や経済成長政策を採用し,また親米外交路線で,64年まで政権を担当,病床につくや,佐藤栄作に首相の座を譲り,翌 65年死去した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いけだ‐はやと【池田勇人】
[1899~1965]政治家。広島の生まれ。大蔵官僚を経て政界入り。第三次吉田茂内閣の蔵相。昭和35年(1960)内閣のあとをうけて組閣国民所得倍増計画を実施、高度経済成長政策を推進した。→佐藤栄作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

池田勇人 いけだ-はやと
1899-1965 昭和時代の官僚,政治家。
明治32年12月3日生まれ。大正14年大蔵省にはいり,昭和22年事務次官。24年衆議院議員(当選7回,自民党),第3次吉田内閣の蔵相となり,ドッジ-ラインによる財政の均衡につとめた。27年通産相となるが失言問題で辞任。35-39年首相をつとめ,高度経済成長政策や所得倍増計画を推進した。昭和40年8月13日死去。65歳。広島県出身。京都帝大卒。
【格言など】神仏と名医にすべてをまかせる。日本の国のために務めを果たす(がんで手術室にはいる直前のメモ)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いけだはやと【池田勇人】
1899‐1965(明治32‐昭和40)
戦後の官僚政治家。広島県竹原市出身。京都大学法学部卒業。1925年大蔵省に入る。47年事務次官となる。49年,広島から衆議院議員当選,ただちに第3次吉田茂内閣の蔵相に就任,50年通産相兼任。吉田茂直系の政治家としてGHQが示した〈経済九原則〉の具体化を推進した。池田=ロバートソン会談(1953),造船疑獄疑惑を残したが,54年自由党幹事長に就任。55年保守合同による自由民主党の成立後,石橋湛山内閣,岸信介内閣の蔵相,のち国務相,通産相を歴任。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いけだはやと【池田勇人】
1899~1965 政治家。広島県生まれ。京大卒。大蔵省から政界入り。1960(昭和35)~64年首相となり、三次にわたる内閣を組織。所得倍増を唱え、高度経済成長政策を推進。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

池田勇人
いけだはやと
(1899―1965)
政治家。広島県生まれ。京都帝国大学法学部卒業後、大蔵省に入省し、おもに税務畑を担当。1947年(昭和22)大蔵事務次官となる。1949年の総選挙で衆議院議員(広島2区)に当選し、第三次吉田茂内閣の蔵相に抜擢(ばってき)されドッジ・ラインによる財政整理にあたった。1950年3月「中小企業の一部倒産もやむをえない」、また同年12月には「貧乏人は麦を食え」と放言した。サンフランシスコ講和会議の全権委員。第四次吉田内閣の通産相であった1952年11月には国会答弁中、先の中小企業についての放言を繰り返し「ヤミなど不当投機をやった人が5人や10人倒産し、自殺するようなことがあってもやむをえない」と述べたため、第二次世界大戦後初めての閣僚不信任で辞任した。池田は佐藤栄作とともに「吉田学校の優等生」といわれ、その後も吉田派の中心として党内で勢力を伸張した。石橋湛山(たんざん)、岸信介(のぶすけ)両内閣でも蔵相、通産相を歴任。1960年の安保闘争で岸内閣が退陣すると、その後を受けて同年7月、池田内閣を組織した。「寛容と忍耐」を政治姿勢として、「所得倍増」、高度成長政策を打ち出し、国論対立の焦点となる政治問題を意識的に回避しようとした。1964年11月病気のため退陣するまで4年4か月にわたって政権を担当。後を佐藤栄作内閣に譲り、翌1965年8月13日癌(がん)のため死去した。池田の採用した高度成長政策は、一面で日本を資本主義諸国間でGNP(国民総生産)第2位の地位に押し上げたが、他面で物価の上昇、公害、農村破壊などの新たな国民生活上の問題を生み出した。[荒 敬]
『伊藤昌哉著『池田勇人・その生と死』(1966・至誠堂) ▽土師二三生著『人間池田勇人』(1967・講談社) ▽塩口喜乙著『聞書池田勇人』(1975・朝日新聞社) ▽伊藤昌哉著、細川隆元監修『日本宰相列伝21 池田勇人』(1985・時事通信社) ▽伊藤昌哉著『池田勇人とその時代』(朝日文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いけだ‐はやと【池田勇人】
政治家。大蔵官僚を経て、吉田茂に見込まれ自由党に入党。蔵相、通産相などを歴任。昭和三五年(一九六〇)自民党総裁となり、三たび内閣を組織。所得倍増計画を発表し、高度成長政策を推進した。明治三二~昭和四〇年(一八九九‐一九六五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田勇人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

池田勇人の関連情報

関連キーワード

常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)赤い鳥リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門グアンタナモ基地

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation