@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

池田輝政【いけだてるまさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

池田輝政
いけだてるまさ
[生]永禄7(1564).12. 尾張清洲
[没]慶長18(1613).1.25. 播磨,姫路
安土桃山時代の大名。信輝 (恒興) の次男。幼名は古新,のち三佐衛門と改名。織田信長,豊臣秀吉に仕え,天正 12 (1584) 年小牧・長久手の戦いで父と兄を失って遺領 10万石を引継ぎ,美濃大垣城主となった。同 18年小田原征伐,さらに奥州征伐にを立て,三河吉田に移封,15万 2000石を領した。のち慶長5 (1600) 年関ヶ原戦いには東軍徳川家康方に従って,播磨国 52万石を与えられ,姫路城築造。同 17年松平氏を称することを許され,従三位,参議叙任秀吉家康に信任され,世に姫路宰相百万石と称された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いけだ‐てるまさ【池田輝政】
[1565~1613]安土桃山時代から江戸初期にかけての武将。初め織田信長に、のち豊臣秀吉に仕えた。関ヶ原の戦いでは徳川家康に従って功をあげ、播磨(はりま)を領して姫路城を築いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

池田輝政 いけだ-てるまさ
1565*-1613 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
永禄7年12月29日生まれ。池田恒興(つねおき)の次男。父のあと美濃(みの)大垣城主をつぎ,豊臣秀吉の九州攻めなどに従軍,羽柴姓をあたえられる。天正(てんしょう)18年三河吉田城主。関ケ原の戦いで徳川方に属し,岐阜城を攻略。その功により慶長5年播磨(はりま)姫路藩池田家初代となる。52万石。継室にむかえた徳川家康の娘督姫(とくひめ)(良正院)との間に忠継(ただつぐ)ら5男をもうけ,松平姓をゆるされ,神君の婿(むこ),西国の将軍といわれた。慶長18年1月25日死去。50歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いけだてるまさ【池田輝政】
1564‐1613(永禄7‐慶長18)
安土桃山時代の武将。初名照政,幼名古新,通称三左衛門。恒興の次男。1580年(天正8)織田信長の摂津花熊の荒木一族攻撃の際兄之助とともに奮戦し賞され,84年の小牧・長久手の戦では父と兄を失った。しかし豊臣秀吉に美濃大垣10万石を安堵され,のち岐阜城に移り,弟長吉とともに豊臣氏の有力部将として天下統一戦に従軍,90年三河吉田15万2000石余を与えられた。1588年の聚楽第行幸に供奉して従四位下侍従に任ぜられ,豊臣姓を与えられていたので羽柴吉田侍従と称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いけだてるまさ【池田輝政】
1564~1613 安土桃山時代の武将。織田信長・豊臣秀吉に仕え、関ヶ原の戦いでは徳川方について戦功あり、播磨五二万石を領する姫路城の城主となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

池田輝政
いけだてるまさ
(1564―1613)
戦国末期の武将で姫路藩初代藩主。永禄(えいろく)7年11月晦日(みそか)、尾張(おわり)国(愛知県)清洲(きよす)城で生まれる。父は信輝(のぶてる)、母は荒尾善次の娘(法号善応院)。幼名は古新(こしん)、のち三左衛門といった。1580年(天正8)摂津花熊(はなくま)合戦で初陣の功をたてて尼崎(あまがさき)城主、1584年父信輝、兄之助(ゆきすけ)の討ち死に(長久手(ながくて)の戦い)により家督(かとく)を相続して大垣城主。やがて豊臣(とよとみ)秀吉の命で羽柴(はしば)氏を称し、1590年三河吉田(豊橋)城主で15万2000石を領し侍従となる。中川清秀の娘糸子をめとったが、94年(文禄3)家康の次女督姫(とくひめ)富子(法号良正院)を継室(けいしつ)に迎えた。関ヶ原の戦いでは家康に味方し、その戦功で播磨(はりま)(兵庫県)52万石を領し池田氏に復す。姫路城を大改築し、藩政の基礎を固め、「西国の将軍」とうたわれた。慶長(けいちょう)18年正月25日死去、法号国清院、備前(びぜん)国(岡山県)和気(わけ)郡和意谷(わいだに)に葬られた。[谷口澄夫]
『谷口澄夫他著『大名列伝 武功篇 上』(1966・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

池田輝政 (いけだてるまさ)
生年月日:1564年12月29日
安土桃山時代;江戸時代前期の大名
1613年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いけだ‐てるまさ【池田輝政】
安土桃山時代の武将。播磨、備前、淡路の領主。恒興の子。織田信長、豊臣秀吉に仕え、関ケ原の戦いでは徳川方につき功をたてる。永祿七~慶長一八年(一五六四‐一六一三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田輝政」の用語解説はコトバンクが提供しています。

池田輝政の関連情報

関連キーワード

川中島の戦いスピノラ三浦按針シェークスピアの生家グライツスアレスレガスピコハノフスキキリシタン関係主要人名エリザベス朝演劇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation