@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

池田遙邨【いけだようそん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

池田遙邨
いけだようそん
(1895―1988)
日本画家。本名昇一。岡山市に生まれる。初め大阪で洋画を学んだが、やがて小野竹喬(ちくきょう)を知り、その影響で日本画に転じて1918年(大正7)竹内栖鳳(せいほう)の門に入った。翌1919年第1回帝展に『南郷の八月』が入選、1928年(昭和3)には『雪の大阪』、1930年には『烏城(からすじょう)』が特選になった。内面性を重んじた暗い表現、大和絵(やまとえ)風の表現などを経て、滋味と飄逸(ひょういつ)味をもつ作品を日展に発表し続けた。1953年画塾青塔社を設立して後進の育成にも意を注ぐ。日本芸術院会員。1987年文化勲章受章。[原田 実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田遙邨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

池田遙邨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation