@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

池田【いけだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

池田
いけだ
徳島県西部,三好市中・北部の旧町域。吉野川中流の屈曲部にある。 1959年池田町 (1905年町制) ,三縄村,佐馬地村が合体して発足。 2006年三野町,山城町,井川町,東祖谷山村,西祖谷山村の3町2村と合体して三好市となった。中心地区の池田は鎌倉時代に小笠原長清が大西城を築いた地とされる。江戸時代,周囲の山地で栽培されたタバコから刻みたばこを製造し,「阿波刻み」の名で知られた。製材,木製品工業,醸造業などが盛ん。木材コウゾ,ミツマタ,ブロイラーを産する。北は猪鼻峠を越えて香川県へ,南は大歩危・小歩危峡谷を経て高知県へ,西は愛媛県,東は吉野川を下り徳島市に通じる交通の要地。秘境祖谷の入口でもある。 JR徳島線と土讃線の乗り換え点。北部の雲辺寺は四国八十八ヵ所第 66番札所で国指定重要文化財の仏像が多い。箸蔵寺 (国指定重要文化財) は四国八十八ヵ所番外札所として知られ,一帯箸蔵県立自然公園,南部の祖谷川は渓谷美に優れた祖谷渓があり剣山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田
いけだ
香川県北東部,小豆島町西部の旧町域。小豆島の南西部を占める。 1929年町制。 1954年二生村,三都村の2村と合体。 2006年内海町と合体して小豆島町となる。山地が広く,池田湾岸の低地集落が立地。中心集落の池田には県農業試験場分場があり,電照菊,手延べそうめん生産の中心地。周辺では米作のほか,果樹,花卉栽培が行なわれる。三都半島では別荘団地の開発が進み,讃岐岩質安山岩の砕石採取場もある。二面 (ふたおもて) にある誓願寺ソテツ,神浦 (こうのうら) にある皇子神社社叢はいずれも国の天然記念物。古社寺も多く,明王寺釈迦堂,長勝寺の木造伝池田八幡本地仏座像は国指定重要文化財。一部は瀬戸内海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いけだ【池田】[地名]
大阪府北西部の市。古代、渡来人漢織(あやはとり)呉織(くれはとり)が機織り技術を伝えた地といわれ、呉羽里(くれはのさと)とよばれた。江戸時代は能勢街道市場町植木清酒を産し、また住宅地として発展。人口10.4万(2010)。
静岡県磐田(いわた)市地名。もとは東海道宿駅で、天竜川西岸にあったが、河が変わり東岸となった。謡曲熊野(ゆや)」の舞台。
徳島県三好(みよし)市の地名。鎌倉時代、小笠原氏の城下町として発展。葉タバコ・木材の集散地
北海道十勝総合振興局の中南部、中川郡の地名。十勝ワイン産地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いけだ【池田】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

池田
長野県北安曇郡池田町にある道の。主要地方道大町明科線に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いけだ【池田】
大阪府北西部の市。もと市場町。住宅地として発展。酒造業や植木の産地として知られる。
北海道南東部、十勝支庁中川郡の町。近年ワインの生産で知られる。
長野県中部、北安曇あづみ郡の町。千国ちくに街道の宿駅として発達。
岐阜県南西部、揖斐郡の町。工場が多く、また古墳も多い。
福井県中部、今立郡の町。水海みずうみの田楽・能舞は国指定の重要無形民俗文化財。
徳島県西部、三好市の地名。吉野川の屈曲部に位置し、古来交通の要地。阿波きざみタバコの産地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いけだ【池田】
姓氏の一。安土桃山・江戸期の大名。戦国期織田氏に仕え、関ヶ原戦後、池田輝政が姫路城主となり興隆。のち備前岡山藩・因幡国鳥取藩などの有力大名となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いけだ【池田】
[1]
[一] 大阪府北西部の地名。江戸時代は能勢街道沿いの市場町、池田炭・酒の集散地として繁栄。植木の栽培が盛ん。昭和一四年(一九三九)市制。古名、呉服(くれは)の里。
[二] 静岡県磐田市の西部にあった東海道の宿駅。もと天龍川の西岸にあったが、河道変化のため東岸になる。謡曲「熊野(ゆや)」の主人公熊野の生地。
[三] (明治初年池田氏の農場が設置されたことによる) 北海道南東部、十勝支庁の地名。十勝地方の交通の要地であり、米、穀類の集散地。近年、ワインの町として発展。
[四] 美濃国(岐阜県)の北西端にあった郡。古くは安八郡の一部。明治三〇年(一八九七)大野郡と合併して揖斐郡となる。
※二十巻本和名抄(934頃)五「美濃国 〈略〉池田〈伊介太〉」
[2] 〘名〙 「いけだずみ(池田炭)」の略。
※落語・一ツ穴(1895)〈四代目橘家円喬〉「小粋な桐の胴丸の火鉢に利休形の鉄瓶、中に池田の上等が埋け込んである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いけだ【池田】
(「いけた」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

池田
いけだ
大阪府北西部,猪名川沿岸の住宅・工業都市。江戸時代以来の造地
伊丹・とともに江戸時代には工場制手工業による酒の生産が盛んであった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

池田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation