@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

汪兆銘【おう ちょうめい】

美術人名辞典

汪兆銘
中国の政治家。広東省番禺生。名は精衞。日本に留学して法政大学に学び、中国革命同盟会に入る。のち孫文側近として活躍し、国民党要職を占め、左派の中心人物として蒋介石と対立していた。しかし、のち協力して対日折銜にあたった。のもとでは国民党副総裁に就任した。のち南京で和平救国を唱え、日本と提携した。名古屋で昭和19年(1944)歿、59才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おう‐ちょうめい〔ワウテウメイ〕【汪兆銘】
[1883~1944]中国の政治家。番禺県(広東省)の人。(あざな)は精衛法政大学在学中に中国革命同盟会加入国民党結成後は同党左派の中心。のち日中戦争が始まると和平救国を唱えて、日本との提携を主張し、1940年南京政府樹立主席となった。名古屋で病死。ワン=チャオミン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワン‐チャオミン【汪兆銘】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

汪兆銘 おう-ちょうめい
1883-1944 中国の政治家。
光緒9年3月28日生まれ。明治37年法大に留学し,孫文の指導する中国革命同盟に加入。孫文の死後,国民党の左派指導者として武漢政府主席となり,蒋介石との合作政権で行政院長,党副総裁をつとめる。1940年反共と対日和平をかかげ,南京国民政府を樹立したが,事実上日本軍の傀儡(かいらい)政権でおわった。昭和19年11月10日名古屋で死去。62歳。広東省出身。字(あざな)は精衛。著作に「汪精衛文存」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おうちょうめい【汪兆銘 Wāng Zhào míng】
1883‐1944
中国の政治家。広東省番禺県の人。字をもって汪精衛の名でも知られる。日本の法政大学に留学中,中国同盟会に加入,一時機関誌《民報》の編集に当たる。1910年(宣統2)清朝摂政王載灃(さいほう)の暗殺に失敗して死刑宣告を受けたが,辛亥革命の成功により釈放。このとき革命の簒奪者袁世凱に深く接近して袁世凱と孫文との提携を策した行動がしばしば問題視されるが,国民党内では孫文直系の位置にあり,第二革命挫折後一時フランス遊学を余儀なくされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

汪兆銘
おうちょうめい
Wang Zhao-ming
[生]光緒9(1883).5.4. 広東,番禺
[没]1944.11.10. 名古屋
中国の政治家,中国国民党指導者の一人。号は精衛。日本の法政大学に留学中,孫文らの中国革命同盟会に加入。宣統3 (1911) 年清朝の摂政王載 澧の暗殺を企てて失敗し,死刑の宣告を受けたが,その才を惜しまれ死一等を減じられて監禁中辛亥革命が起り,釈放。 1912年渡仏して文学を学び帰国するも,翌 13年第二革命失敗後再び渡仏し 17年帰国。 23年の第1次国共合作成立以後は急進的な民族主義者として孫文に従い,国民党左派を率いて反帝国主義運動を積極的に推進。 24年国民党中央執行委員となり,25年孫文の死後は胡漢民,廖仲 愷 (りょうちゅうがい) とともに国民党の指導者となり,宣伝部長をつとめた。 27年蒋介石の反共クーデター以後反共に転じ蒋介石と妥協したが,広東コミューン事件の責任を問われて再び渡仏し,29年帰国。それ以後 31年まで反蒋派軍閥と提携して反蒋運動を続けたが,蒋の辞職で南京政府と妥協し,32年行政院長に就任。復帰した蒋介石に軍事をまかせ,自分は政務を分担していわゆる蒋汪合作政権をつくり,33年外交部長を兼任。 37年日中戦争が起ると対日妥協を唱え,38年 12月重慶を脱出。 39年日本に来て日本側との間で汪政権樹立工作を続け,40年南京に「国民政府」を樹立し主席に就任。 43年日本と同盟条約を結んだが,南京「国府」は完全な日本の傀儡 (かいらい) 政権であり,民衆の支持はまったくなかった。 44年名古屋帝国大学病院で病死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐ちょうめい ワウテウメイ【汪兆銘】
中国の政治家。字(あざな)は精衛。日本の法政大学を卒業。孫文を助けて革命運動に活躍し、国民党指導者として要職を歴任。日中戦争中、妥協を唱えて抗戦派と対立し、一九四〇年日本の傀儡(かいらい)政権の南京政府主席となる。(一八八三‐一九四四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

汪兆銘
おうちょうめい
1885〜1944
中華民国の政治家
字 (あざな) は精衛。中国広東省の生まれ。日本に留学中,中国革命同盟会に参加。孫文のもとで革命運動に従事,のち国民党左派として右派蔣介石と対立した。日中戦争中,近衛三原則に呼応し,1938年重慶を脱出,'40年日本と結び南京に傀儡 (かいらい) 政権をつくり「親日反共」を唱えたが,'44年日本で病死した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汪兆銘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汪兆銘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation