@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

決闘罪【ケットウザイ】

デジタル大辞泉

けっとう‐ざい【決闘罪】
決闘を行ったり、これに関与したりすることで成立する罪。明治22年(1889)の「決闘罪ニ関スル件」という法律により罰せられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けっとうざい【決闘罪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けっとうざい【決闘罪】
決闘を行い、または決闘に立ち会うかもしくは決闘の場所を提供することにより成立する罪。1889年(明治22)の「決闘罪に関する件」により処罰される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

決闘罪
けっとうざい
決闘を行うことやこれに関与する罪。刑法第2編第27章に規定された「傷害の罪」の特別罪で、「決闘罪ニ関スル件」(明治22年12月30日法律第34号)という古い法律に規定されている。同法は、1888年(明治21)に起きた犬養毅(いぬかいつよし)(当時は新聞記者)に対する決闘申込事件を契機として制定され、決闘を挑んだり、これに応じること、決闘を行うこと、他人の決闘に立ち会ったり、そのための場所を貸与・供用すること、などを広く処罰している。判例によれば、「決闘」とは、「当事者間の合意により相互に身体又は生命を害すべき暴行をもって争闘する行為」を意味する。判例のなかには、暴走族の間での抗争等に関連して、「タイマン」と称する一対一の喧嘩(けんか)、すなわち、双方から一人ずつ代表を出し合って行う闘争に対して適用したものがある。[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けっとう‐ざい【決闘罪】
〘名〙 決闘を行なったり、その立会人となったり、また、その場所を貸したりするなど、決闘に関係することによって成立する犯罪。〔決闘罪に関する件(明治二二年)(1879)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

決闘罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

決闘罪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation