@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

汽笛【キテキ】

デジタル大辞泉

き‐てき【汽笛】
蒸気の噴出によって音を出す仕掛けの。機関車・・工場などの蒸気機関装置し、信号合図などに用いる。「汽笛を鳴らす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きてき【汽笛 steam whistle】
蒸気の噴出を利用して音を発生させる装置およびその音響による信号。原理的には呼子と同じ。圧縮空気,電気などを利用するものを含むことがある。船のほか,鉄道車両などでも利用される。船では蒸気機関が推進に利用されるようになるにつれて,それまでのゴングトランペット空砲などに代わり,大音響を持続発音できる笛が信号装置となっていった。音響を用いる通信は天候風向風速地形などの影響をうけて受信できる範囲が一定せず,伝達にも時間がかかり確実とはいえない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きてき【汽笛】
蒸気を吹き込んで鳴らす笛。工場・機関車・汽船などの蒸気機関にとりつけ、時報や合図・信号などに使う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

汽笛
きてき
鉄道車両や船舶などで、警報音や合図音などを発生させる装置。鉄道の専門語としては警笛。蒸気機関車では蒸気圧を利用して吹き鳴らしたので、汽笛の俗称で普遍化した。汽船の場合も同じである。電気機関車や電車などは圧搾空気を利用して吹き鳴らす。電子音のものも採用されている。[西尾源太郎・佐藤芳彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐てき【汽笛】
〘名〙 機関車、船舶、工場などの蒸気機関にとりつけて、蒸気を噴出する力で音を出すしかけの笛。信号、合図、時報などに使われる。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「滊笛鳴て車輪の轟くを聞て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汽笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汽笛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation