@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沈南蘋【ちん なんぴん】

美術人名辞典

沈南蘋
清の画家。康熙22年(1683)浙江徳清生。名は銓、字は之、南蘋は号。享保16年(1731)来朝、長崎に二年間在住の間、日本の花鳥画に大きな影響を与えた。乾隆25年(1760)存、歿年未詳。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

しん‐なんぴん【沈南蘋】
中国、清代の画家。呉興(浙江(せっこう)省)の人。名は詮。字(あざな)は衡之。写生画風による色彩豊かな花鳥画を描いた。享保16年(1731)長崎に来航、2年間滞在し、日本の花鳥画に影響を与えた。ちんなんぴん。生没年未詳。→南蘋派

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん‐なんぴん【沈南蘋】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

沈南蘋 しん-なんぴん
1682-? 清(しん)(中国)の画家。
康煕(こうき)21年生まれ。享保(きょうほう)16年(1731)長崎に来着。写生的な花鳥画を熊代熊斐(くましろ-ゆうひ)につたえ,18年帰国。のち熊斐を中心に南蘋派が形成され,江戸時代の写生画に新風をふきこんだ。浙江省(せっこうしょう)出身。名は銓(せん)。字(あざな)は衡斎(こうさい),衡之。作品に「雪中群兎図」「獅子戯児図」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

沈南蘋 ちん-なんぴん

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しんなんぴん【沈南蘋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちんなんぴん【沈南蘋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんなんぴん【沈南蘋】
中国、清代の画家。名は詮。字あざなは衡之。彩色花鳥画を得意とし、1731年から約二年間長崎に滞在、写生的花鳥画の技法を伝えた。生没年未詳。ちんなんぴん。 → 南蘋派

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちんなんぴん【沈南蘋】
しんなんぴん沈南蘋

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沈南蘋
しんなんぴん
Shen Nan-pin
中国,清の画家。浙江省呉興の人。沈銓とも呼ばれる。名は銓,字は衡斉,号は南蘋。緻密な描写による彩色鮮かな写実的花鳥画を描いた。享保 16 (1731) 年 12月3日から同 18年9月 18日まで長崎に滞在し,熊斐 (ゆうひ) に画法を伝えた。熊斐の門下長崎派のうち南蘋派を形成。その清新な写生画は江戸時代後期画壇に新風を吹込み,南画,写生画をはじめ多くの流派に著しい影響を及ぼした。主要作品『鹿鶴図屏風』『水辺猫図』,『花鳥図』 (東京国立博物館) ,『餐香宿艶図』 (宮内庁三の丸尚蔵館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

沈南蘋
しんなんぴん
(1682―?)
「ちんなんぴん」ともいう。中国、清(しん)代中期の画家。江戸時代、長崎に来航し、いわゆる長崎派花鳥画の源となり、わが国の花鳥画に大きな影響を残した。名は詮(せん)、字(あざな)は衡之(こうし)、南蘋は号。浙江(せっこう)省呉興県の出身。浙江の花鳥・動物専門の職業画家で、1731年(享保16)12月から33年9月まで長崎に滞在し、その作品を残したため、南蘋画はわが国に多い。またその間、地元の熊斐(ゆうひ)をはじめ日本の画家を指導した。画風は明(みん)代の花鳥画の系統を引き、西洋画の写実的技法が加わったものである。中国では文人画家偏重から顧みられなかったが、その技量には優れたものがあり、日本では熊斐門下の鶴亭(かくてい)によって京坂に、同門宋紫石(そうしせき)によって江戸に彼の花鳥画風が伝えられ、その写実表現が日本の絵画界全体に及ぼした影響は少なくない。[星山晋也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐なんぴん【沈南蘋】
中国、清の画家。名は詮(せん)。字(あざな)は衡之。南蘋は号。浙江呉興の人。花鳥画を得意とし、享保一六年(一七三一)長崎に来航、滞在二年で、熊代熊斐(くましろゆうひ)、宋紫石らが師事し、南蘋派と呼ばれる一派を形成し、日本花鳥画に大きな影響を与えた。一六八二年生まれ。没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん‐なんぴん【沈南蘋】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

沈南蘋
ちんなんぴん

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈南蘋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沈南蘋の関連情報

関連キーワード

オイゲン[サボイ公]ペドロ2世[ポルトガル王]伊藤仁斎オイゲン算額突込もんだ伊藤梅宇ウォルトンおさん茂兵衛

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation