@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沈滞【チンタイ】

デジタル大辞泉

ちん‐たい【沈滞】
[名](スル)
いつまでも一つ所にとどこおっていること。
活気がなく、進歩・発展の動きがみられないこと。意気が上がらずに停滞していること。「景気が沈滞している」「沈滞ムードが漂う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちん‐たい【沈滞】
〘名〙
① いつまでも一つ所にとどこおっていること。〔塵芥(1510‐50頃)〕
※珊瑚集(1913)〈永井荷風訳〉池「沈滞の濁水を突如として打つ時は」 〔国語‐周語下〕
② 活気がなく、進歩、発展する動きが見られないこと。意気が上がらないこと。
※一高寮歌・アムール川の流血や(1901)〈塩田環〉「桜の匂ひ衰へて 皮相の風の吹きすさび 清き流を汚しつつ 沈滞ここに幾春秋」 〔後漢書‐袁安伝〕
③ 長く下位にあって昇進しないこと。
※扶桑集(995‐999頃)七「橘才子重見寄、初二篇歎余之沈滞、後一章褒余之詩章」 〔論衡‐状留〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈滞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沈滞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation