@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沈黙【ちんもく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

沈黙(遠藤周作の小説)
ちんもく
遠藤周作の長編小説。1966年(昭和41)書き下ろしとして新潮社刊。切支丹(キリシタン)禁制の日本に渡ってきた司祭ロドリゴは、無辜(むこ)の信徒たちを救うために踏絵を踏むことになるが、このとき彼は、「踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、お前たちの痛さを分つため十字架を背負ったのだ」というキリストの声を聴く。神の沈黙への問いと、背教の汚名のゆえに歴史の底に沈黙せしめられている人々に声を与えんがために書いたというこの作品は、その主題のはらむ深い問いかけと、成熟した文体、手法において代表作とよぶに足る。[佐藤泰正]
『『沈黙』(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈黙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沈黙の関連情報

関連キーワード

新藤兼人加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)ビートルズキリスト教民主同盟東松照明ボータ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation