@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沖合【オキアイ】

デジタル大辞泉

おき‐あい〔‐あひ〕【沖合】
沖のほう。沖の辺り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おきあい【沖合】
各漁村の地先漁場の外側に隣接した海域をいう。近世に入ると,各海村は,村限りの前浜を占取し,ここを自村の独占的漁場として用益するようになり,この伝統は,明治時代に入ってからも,また現在に至ってもなお基本的に受け継がれている。これに対し,合は,数村入会あるいは勝手次第の漁場として,地先漁場とは異なった存在であった。日本の場合,船の航法は,近代に入るまで,長くヤマアテあるいはヤマダシなどと呼ばれる陸の山やを目じるしとして位置を確定する方法が用いられていたため,沖合といえども,ヤマアテが可能な範囲での距離内に限定され,陸影海没地点から先のヤマナシの海へ沖合漁場が拡大されるようになるのは,ずっと以後のことになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おきあい【沖合】
海や湖の沖の方。沖のあたり。 -から風が吹く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おき‐あい ‥あひ【沖合】
〘名〙
① 海、湖などの沖のほう。
※少年の悲哀(1902)〈国木田独歩〉「舟は〈略〉間もなく広々とした沖合(オキアヒ)に出た」
② 房総地方で、数隻の漁船を使って操業する大きな網漁業の漁労指揮者。おっけい。おつけどん。
※上総海上郡網方諸事取極証文控‐寛政七年(1795)三月「一沖合、水主乗組之儀、無謂高金出し乗組為致申間敷候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沖合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation