@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

没収【ぼっしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

没収
ぼっしゅう
forfeiture; Einziehung
付加刑。犯人などから特定物件の所有権を剥奪して国庫に帰属させる司法処分。没収は付加刑であるから有罪判決において主刑を言い渡すときにだけ科することができる (刑法9) 。没収は,形式上は刑罰であるが,実質的には不当な利益を犯人に享受させず,社会にとって有害な物を除く保安処分としての性格ももっている。外国立法例のなかには保安処分として規定するもの (イタリア刑法 240,スイス刑法 58など) もあるが,日本の刑法は付加刑として取扱う。没収の対象となるのは犯人以外の者の所有に属さない犯罪組成物,犯罪行為に供しまたは供しようとした物,犯罪取得物,犯罪行為の報酬として得た物など (刑法 19) 。没収が不能なときには,一定金額の国庫納付を命ずる追徴処分がある (同条の2) 。なお賄賂罪については刑法 197条ノ5 (賄賂の没収,追徴) の特則がある。また,第三者没収については「刑事事件における第三者所有物の没収手続に関する応急措置法」がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼっ‐しゅう〔‐シウ〕【没収】
[名](スル)
強制的に取り上げること。
刑法上の付加刑。犯罪行為に関連した物の所有権を取り上げて国家の所有に移すこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっ‐しゅ【収】
罰として、地位・土地・財産などを取り上げること。ぼっしゅう。もっしゅう。
「公請を停止し、所職を―せらる」〈平家・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっ‐しゅう〔‐シウ〕【没収】
もっしゅ(没収)」に同じ。〈運歩色葉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼっしゅう【没収】
犯罪を原因として,一定の物の所有権をもとの所有権者から奪い,これを国庫に帰属させる処分。古くは,犯人の全財産を没収することも広く行われていた。西洋では,全財産の没収は,すでにローマ法にあったといわれるが,とくに中世から近世にかけて広く行われた。日本でも,鎌倉室町幕府に〈収公(じゆこう)〉,江戸幕府に〈闕所(けつしよ)〉という家産没収があった。明治維新後も,1870年(明治3)までは〈財産籍没〉が認められていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

没収
ぼっしゅう

刑法上の用語としては刑罰の一種で、罰金、科料とともに財産刑の一つであるが、主刑を科す場合に、これに付加してのみ科することができる付加刑である(刑法9条)。没収が行われる理由は、主としてその物から生じる社会的危険を防止するためと、犯罪による利得を犯人に保持させないためであり、刑罰というよりも保安処分に近い。前者の理由から対象となるのが、犯罪行為を組成した物(たとえば、偽造文書行使罪における偽造文書)や、犯罪行為に供し、または供しようとした物(たとえば、殺人に用いられた凶器)であり、後者の理由から対象となるのが、犯罪行為から生じた物(たとえば、文書偽造罪における偽造文書)、犯罪行為によって得た物(たとえば、賭博(とばく)によって得た財物)、犯罪行為の報酬として得た物(たとえば、堕胎手術の謝礼として得た物)、それにこれらの物の対価として得た物(たとえば、それを売って得た代金)などである(同法19条1項)。没収できるのは原則としてその物が犯人以外の者に属さないときに限られるが、犯罪のあと犯人以外の者が情を知ってその物を取得したときは、犯人以外の者に属するときでも没収できる(同法19条2項)。前述の物につき、消費などによりその全部または一部を没収することが不可能なときは、その価額を追徴することができる(同法19条の2)。

 なお、関税法(脱税・密輸)、酒税法(密造など)にも没収・追徴の規定がある。また、物や保証金などを所有者から国庫に強制的に収めさせる処分は没取といい、没収とは区別される。さらに、捜査機関が裁判所の令状に基づいて証拠物または没収すべき物の占有を所有者から取得する行為は押収という。

[大出良知]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼっ‐しゅう ‥シウ【没収】
〘名〙
① 財産や権利などを取り上げること。収没。もっしゅ。もっしゅう。〔新令字解(1868)〕
② 刑罰の一つ。犯罪行為に使用したり、犯罪行為によって得たりなどした物の所有権を犯人から強制的に奪って国家の所有に移すこと。刑法上の付加刑で、懲役や禁固などの刑を科する場合に限り、これと合わせて科することができる。〔刑法(明治四〇年)(1907)〕
③ =ぼっしゅ(没取)②〔未成年者飲酒禁止法(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっ‐しゅ【没収】
〘名〙 重罪を犯したり、主人の命令にそむいたりした際に、地位・土地・財産などを取り上げること。没取。ぼっしゅう。もっしゅう。
※櫟木文書‐永暦二年(1161)四月一日・千葉常胤申状案「然而猶義朝謀叛之故、自国衙没収候畢」
※高野本平家(13C前)六「南都の僧綱等闕官ぜられ公請を停止し、所職を没収(モッシュ)せらる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっ‐しゅう ‥シウ【没収】
〘名〙 =もっしゅ(没収)〔運歩色葉(1548)〕
※歌舞伎・霊験曾我籬(1809)六幕「右内どのは横死、元より石井家は没収(モッシウ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

没収」の用語解説はコトバンクが提供しています。

没収の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation