@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

没食子酸【モッショクシサン】

デジタル大辞泉

もっしょくし‐さん【没食子酸】
没食子五倍子(ふし)や茶などに含まれ、またタンニン加水分解して得られる無色針状結晶インク染料・写真現像剤・収斂(しゅうれん)薬などの原料。ぼっしょくしさん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

没食子酸
 C7H6O5 (mw170.12).

 化学工業などで使われる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼっしょくしさん【没食子酸 gallic acid】
3個のフェノール性水酸基を有する芳香族カルボン酸の一つ。〈もっしょくしさん〉とも,またガルス酸,3,4,5‐トリオキシ安息香酸ともいう。没食子や五倍子(ふし),植物の葉,などに広く遊離の状態でも存在するが,普通は没食子酸系タンニンとして存在する。一般にタンニンの加水分解によって得られる。水から再結晶して得たものは,無色の柱状または針状結晶で,結晶水1分子を含む。臭気はなく,味は渋く,わずかに酸性を帯びる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

もっしょくしさん【没食子酸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

没食子酸
もっしょくしさん
gallic acid
3,4,5-トリヒドロキシ安息香酸ともいう。化学式 C6H2(OH)3COOH 。分解点 235~240℃。無色柱状晶。タンニンの加水分解によって得られるフェノールカルボン酸。水に可溶,沸騰水,アルコール,アセトンに易溶。アルカリ性水溶液は強い還元性を示す。インキ製造,写真工業,染料工業,医薬品工業の原料として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

没食子酸
ぼっしょくしさん
没食子酸」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

没食子酸
ぼっしょくしさん
gallic acid

芳香族ヒドロキシカルボン酸の一つ。「もっしょくしさん」ともいわれる。別名はピロガロール-5-カルボン酸、3,4,5-トリヒドロキシ安息香酸。分子式C7H6O5、分子量188.1。

 植物の葉、茎、根、および没食子、五倍子(ごばいし)の虫こぶなどに遊離の状態またはタンニンの構成成分として分布している。没食子はブナ科植物の若芽のモッショクシバチによる虫こぶから、五倍子はウルシ科植物ヌルデの若芽や葉のアブラムシによる虫こぶから得られ、乾物として漢方薬などに使われている。タンニンを加水分解して得られる無色の柱状結晶で、1分子の結晶水を含むが120℃付近で結晶水を失う。融点(258~265℃)において分解し、ピロガロールと二酸化炭素になる()。水によく溶け、鉄(Ⅲ)塩水溶液を加えると青黒色の沈殿を生ずる。強力な還元剤である。タンニンの原料、青インキの製造に使われるほか、写真現像剤、染料の原料、止血剤としての用途ももつ。

[廣田 穰 2016年2月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もっしょくし‐さん【没食子酸】
〘名〙 没食子・茶・五倍子や広く植物の根・茎・葉・果実などに含まれ、タンニンを加水分解して得られる無色針状の結晶。渋味・収斂(しゅうれん)性があり、還元性が強い。医薬のほかインク・染料・写真現像剤などに用いられる。ぼっしょくしさん。〔現代語大辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

没食子酸
ボッショクシサン
gallic acid

3,4,5-trihydroxybenzoic acid.C7H6O5(170.12).ピロガロール-5-カルボン酸ともいう.茶などの植物の葉,茎,根のなかに遊離の形で広く存在し,またエステル結合物の形で,ある種の植物中に高濃度で含まれている.製法としては,一般にタンニンの加水分解によって得られ,水から再結晶すると一水和物の結晶となって得られる.無水物は融点235~240 ℃ で,融解と同時にピロガロールと二酸化炭素に分解する.熱水,エタノール,アセトンに易溶.アルカリ性水溶液は還元力が強く,空気中からすみやかに酸素を吸収する.写真現像薬,インキや染料の原料に用いられる.この誘導体は,収れん剤や(かっ)血の止血剤として用いられる.[CAS 149-91-7]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

没食子酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

没食子酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation