@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沢田東江【さわだ とうこう】

美術人名辞典

沢田東江
江戸中期の書画家。江戸生。字は景瑞、号は東郊、のち名を麟、字を文龍・東江と改める。高頤斎に師事する。寛政8年(1796)歿、65才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

沢田東江 さわだ-とうこう
1732-1796 江戸時代中期-後期の書家。
享保(きょうほう)17年生まれ。林鳳谷(はやし-ほうこく)に儒学を,高頤斎(こう-いさい)に書をまなぶ。のち王羲之(おう-ぎし)らの書法を研究し,東江流をひらく。篆刻(てんこく)もよくした。寛政8年6月15日死去。65歳。江戸出身。名は。字(あざな)は文竜。通称は文治郎。別号に来禽堂(らいきんどう)など。著作に「書学筌(しょがくせん)」「書則」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さわだとうこう【沢田東江】
1732‐96(享保17‐寛政8)
江戸中期の書家,洒落本作者。江戸の人。出自については不詳。多田源氏の流れをくむ浪人であったと推測される。初め平林氏。名は鱗,字は景瑞,号は東郊。山県大弐の明和事件に連座してのち,字を文竜,号を東江にかえる。林家に入門して折衷学の先駆となり,また高頤斎(こういさい)に師事して書家として名をはせ,やがて古法書学を主張して東江流を開く。一方戯作にも遊び,談義本《迷所邪正(めいしよやす)案内》(1756),洒落本《異素六帖》(1757),《古今吉原大全》(1768)等を残し,これらは後の江戸洒落本の基礎をつくることとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沢田東江
さわだとうこう
[生]享保17(1732).江戸
[没]寛政8(1796).6.15. 江戸
江戸時代中期の書家。名は鱗,字は文龍,号は東江。江戸の商人だったが林鳳岡 (ほうこう) の門に入って朱子学を修め,書を高頤斎 (こういさい) に学んだ。当時流行の唐様を習ったが,のち魏,晋の高古の風を慕い,東晋の書聖王羲之,王献之に潜心して一家をなした。著書に『書述』『書話』『書則』などがある。にもすぐれ『来禽堂詩草』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

沢田東江
さわだとうこう
(1732―1796)

江戸中期の唐様(からよう)の書家。江戸の人で、姓は源、氏は沢田、名を鱗(ならぶ)、字(あざな)を文龍(ぶんりゅう)、通称を文治郎といい、東江はその号。別号に来禽堂(らいきんどう)、青蘿館(せいらかん)、玉島山人がある。初め林鳳谷(はやしほうこく)門下で朱子学を学び、書は高天漪(こうてんい)の弟高頤斎(こういさい)に学んだ。当時、明(みん)の文徴明(ぶんちょうめい)を規範とした北島雪山(せつざん)、細井広沢(こうたく)らの唐様が風靡(ふうび)し、東江もその流風に従ったが、中年以後は漢魏晋唐(かんぎしんとう)の書への復帰を唱え、当時の唐様に新生面を開いた。とくに王羲之(おうぎし)の書法に基づくその書は、東江流とよばれて広まり、また篆刻(てんこく)も巧みであった。『書述』『書話』『書則』『書学筌(しょがくせん)』など書道に関する著書も多く、門下の橋本圭橘(けいきつ)が編んだ『東江先生書話』の付録には、東江の古典復帰の主張がよく示されている。

[久保木彰一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さわだ‐とうこう【沢田東江】
江戸中期の儒学者、書家。姓は平(のち源)。名は鱗(ならぶ)。字(あざな)は景瑞(のち文龍)。通称文治郎。別号来禽堂、玉島山人など。江戸の人。儒学を井上蘭台、林鳳岡(ほうこう)に学ぶ。特に、書を高頤斎(こういさい)に学んで、古法帖による書学を実践し、また戯作をもよくした。著に「書学筌」、洒落本「異素六帖」など。享保一七~寛政八年(一七三二‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沢田東江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沢田東江の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation