@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沢辺琢磨【さわべ たくま】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

沢辺琢磨 さわべ-たくま
1835-1913 明治時代の神父。
天保(てんぽう)6年1月5日生まれ。坂本竜馬従弟。箱館で神職沢辺家をつぐ。ロシア正教ニコライ神父を殺害しようとして逆に感化をうけ,慶応4年日本で最初の正教会信徒,明治8年日本人初の正教会司祭となった。大正2年6月25日死去。79歳。土佐(高知県)出身。本姓山本幼名は数馬。洗礼名パウエル

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さわべたくま【沢辺琢磨】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

沢辺琢磨
さわべたくま
(1834―1913)

日本ハリストス正教会の最初の信者。長司祭。天保(てんぽう)5年1月5日、土佐(とさ)国(高知県)土佐郡潮江村に土佐藩郷士(ごうし)山本代七信道(1805―1858)の長男として生まれる。父方の従兄(いとこ)に坂本龍馬(さかもとりょうま)がいた。箱館(はこだて)(函館)で神明社宮司(ぐうじ)の女婿となり沢辺姓となる。尊王攘夷(じょうい)論者であった彼は、箱館のロシア領事館付司祭ニコライの殺害を思い立つが、ニコライと議論をたたかわすうち、正教の真理にとらえられ(1865)、宮司の職を捨てて1868年(慶応4)4月酒井篤礼(さかいあつのり)・浦野大蔵とともにニコライより受洗した。1875年(明治8)日本の正教会最初の司祭となり、東北を中心に布教に努め、正教会創設・発展に寄与した。大正2年6月25日東京にて没。青山墓地に葬られた。

[山川令子 2018年3月19日]

『石川喜三郎編『日本正教伝道誌』(1901・日本正教会編集局)』『日本ハリストス正教会総務局編・刊『大主教ニコライ師事蹟 他二篇』(1936)』『福永久寿衛著『沢辺琢磨の生涯』(1979・沢辺琢磨伝刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沢辺琢磨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沢辺琢磨の関連情報

関連キーワード

牧野省三ゴーゴリバルザックポー(Edgar Allan Poe)カフカセネット歴史小説フランツゴーゴリ都市自治体法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation