@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

河内(石川県)【かわち】

日本大百科全書(ニッポニカ)

河内(石川県)
かわち

石川県南部、石川郡にあった旧村名(河内村(むら))。2005年(平成17)松任(まっとう)市、石川郡美川(みかわ)町、鶴来(つるぎ)町、吉野谷(よしのだに)村、鳥越(とりごえ)村、尾口(おぐち)村、白峰(しらみね)村と合併し、白山市(はくさんし)となり、市の中央部を構成する。手取(てどり)川の支流、直海谷(のうみだに)川流域の山村で、深雪地帯にある。国道157号が通じる。白山の開祖、泰澄(たいちょう)が止宿したと伝える宿ノ岩遺跡(しゅくのいわいせき)があり、地名は平安時代の河内荘(しょう)にちなむ。江戸時代、銀山があり、木炭、繭、タバコなどを産した。第二次世界大戦後、木炭生産が衰退し、過疎化が進んだが、一方、水力発電所の設置や、キノコ栽培、キャンプ場、スキー場開発に力を入れている。

[矢ヶ崎孝雄]

『上山秀之著『河内村風土記』(1966・石川県図書館協会)』『『河内村史』全2巻(1981~1983・河内村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河内(石川県)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河内(石川県)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation