@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

河川の争奪【かせんのそうだつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

河川の争奪
かせんのそうだつ
river piracy
浸食力の大きい河川の上流部が,他の河川の一部を奪い取る現象。隣接した2つの川に浸食力の差異があるとき,一方の川の上流部は激しい頭部浸食を行なって上流部の流路を延長し,分水界を越えて他の川の流路に達すると,浸食力の弱い川はその地点から上流部を切取られて,水流は浸食力の強い川のほうへ注ぐようになる。奪い取られた地点を争奪 (ひじ) という。奪取した川は水量を増して浸食力はますます強まり,奪取された川は水量が減少して無能河川と呼ばれる。メコン川メナム川の上流部を奪取した例。広島県太田川支流根谷川は,江川の支流の源流部を奪取したもの。争奪は川の生存競争で,流域の変化が起る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かせんのそうだつ【河川の争奪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

河川の争奪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河川の争奪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation