@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

河川交通【かせんこうつう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

河川交通
かせんこうつう
可航河川上で行われる交通をいい,運河交通と並んで,内陸水路交通の重要な一環を形成する。船舶河川利用は,内陸部において大量の貨物低廉輸送する最も効果的な手段として古代から行われていたが,産業革命を契機として一連の近代化整備が進み,その利用度は高まった。現代の河川交通の主体ははしけによる輸送で,石炭,石油,各種鉱石,穀物などの重量ばら積み貨物が大きな比重を占める。アメリカのミシシッピ川,オハイオ川,ヨーロッパのライン川,ボルガ川は,はしけ輸送の幹線交通路として有名。日本の河川交通は,近世における米輸送の重要な手段であったが,急流が多いうえに流量が少いため輸送単位が小さく,明治以降も河川の設備改善がほとんど行われないまま,鉄道の普及により急速に衰えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かせんこうつう【河川交通】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

河川交通
かせんこうつう

川を利用して行われる船による交通。沿岸や外海を利用する海運に対比して水運といい、外航船が通るには川幅70メートル以上、水深12メートル以上、川舟の場合でも水深2メートル以上が理想で、平野を流れる長い川ほど利用価値が大きい。河川用の小型貨物船を機帆船(発動機付き)または艀(はしけ)bargeとよんでいる。

 鉄道や自動車が発達するまでは内陸地方の交通機関として重要な役割を果たしてきた。鉄道が発達してからは重要性が低下したとはいえ、ヨーロッパやアメリカにおいては、石炭、油、木材、食糧などのような、かならずしも急送を要しないで運賃の安いことを必要とする大量貨物が河川交通を利用している。ヨーロッパのライン、ドナウ、エルベ、ローヌ川などは運河でつながり、河川交通の代表例である。1925年に開通したボルガ・ドン運河はバルト海と黒海を連絡したもので、近年における河川交通の重要性を立証している。

 日本においては、昔から琵琶(びわ)湖と淀(よど)川、江戸時代に入ってからは江戸を中心とし利根(とね)川、荒川などが河川交通路として重要な役割を果たした。たとえば、大坂の町のなかの上荷船・茶船、あるいは川越(埼玉県)を夜出発し、翌朝江戸に着く「川越夜舟」などは繁盛した。しかし、地形的な条件から、鉄道の発達とともに河川交通は全般的に衰退した。東京や大阪のような大都会にある問屋、中小の町工場などへ送り込まれる物資は、本船で大阪港、横浜港、東京港に着いて、ここで機帆船や艀に積み換え、河川を通じて搬入されるが、近年は自動車の発達により衰退してきた。

[大島藤太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河川交通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河川交通の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation