@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

河本大作【こうもとだいさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

河本大作
こうもとだいさく
[生]1882.1.24. 兵庫
[没]1955.8.25. 中国,太原
陸軍軍人。 1903年陸軍士官学校,14年陸軍大学卒業後,支那公使館付武官補佐官,参謀本部支那班長などを歴任。 26年3月大佐に昇進,関東軍参謀となった。 28年6月4日早朝,満鉄のハンクートン (皇姑屯) 付近において張作霖乗車の列車爆破,いわゆる張作霖爆死事件を引起した。 29年7月,事件首謀者として停職処分を受け,退役後は満州炭鉱株式会社理事長,山西産業社長などをつとめた。第2次世界大戦終了とともに,中国軍に捕えられ,太原収容所で病死

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

河本大作 こうもと-だいさく
1883-1953 大正-昭和時代前期の軍人。
明治16年1月24日生まれ。大正15年陸軍大佐,関東軍参謀となる。中国東北部(満州)の武力制圧を主張し,昭和3年張作霖(ちょう-さくりん)爆殺事件をひきおこした。のち満鉄理事などをつとめる。第二次大戦後,戦犯容疑で抑留され,昭和28年8月25日中国で病死。70歳。兵庫県出身。陸軍大学校卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうもとだいさく【河本大作】
1883‐1955(明治16‐昭和30)
陸軍軍人。兵庫県生れ。陸軍士官学校(15期),陸軍大学校卒業。1926年大佐,関東軍高級参謀となり,28年満州占領を企てて張作霖爆殺事件を起こし,30年予備役に編入された。満州事変に際し裏面で活動,満鉄理事,満州炭鉱理事長を経て,43年山西省太原の山西産業社長となり,敗戦後も閻錫山と結び国共内戦に参加したが,49年中華人民共和国政府に戦犯容疑者として逮捕され,太原収容所で病死した。【江口 圭一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうもとだいさく【河本大作】
1883~1953 陸軍軍人。兵庫県生まれ。1928年(昭和3)の張作霖爆殺事件の主謀者。30年予備役。第二次大戦後、中国の太原監獄に拘禁され病死。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河本大作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河本大作の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦馬王堆漢墓白金劉 邦ボアソナード

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation