@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

河辺【かわべ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

河辺
かわべ
秋田県中西部,出羽山地中部にあり,秋田市東部の旧町域。雄物川の支流岩見川流域一帯を占める。 1955年和田町と岩見三内村,豊島村の2村が合体して辺町が発足。 2005年秋田市に編入河岸には典型的な段丘が発達し,水田となっている。北東部分は国有林が占める。 1996年に奥出地区に堆肥センターが完成した。柱状節理を示す斜長流紋岩の筑紫森岩脈は国の天然記念物。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河辺
かわべ
愛媛県中南部,大洲市東部の旧村域。肱川の支流河辺川上流域を占める。 1943年2村と合体して肱川村となるが,1951年分離。 2005年大洲市,長浜町,肱川町と合体し大洲市となる。多降雪地で標高 300~700mの山地にある。林業が主で,シイタケクリなども栽培。屋根付き太鼓橋として知られる御幸の橋,神楽,一筆観音写経などの文化財がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐へん【河辺】
河のほとり。かわばた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐へん【河辺】
〘名〙 河のほとり。かわべ。川端。
※サントスの御作業(1591)二「ウシ シチヒキ ハイイデテ cafenno(カヘンノ) クサヲ ハミテ ノチ」 〔庾信‐春賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河辺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河辺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation