@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

河野一郎【こうのいちろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

河野一郎
こうのいちろう
[生]1898.6.2. 神奈川
[没]1965.7.8. 東京
政治家。 1923年早稲田大学卒業。『朝日新聞』記者となる。 32年衆議院議員初当選。 45年日本自由党結成に参画。同幹事長となったが,46年公職追放。 51年追放を解除され,吉田内閣打倒,鳩山政権実現に専念した。 54年鳩山内閣の農相となり,日ソ漁業交渉と日ソ復交に活躍。「河野執権」と称される実権者となった。その後も党と内閣の要職歴任し,64年,池田首相退陣後の自由民主党総裁を佐藤栄作と争ったが敗れ,半年後急死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうの‐いちろう〔かうのイチラウ〕【河野一郎】
[1898~1965]政治家。神奈川の生まれ。新聞記者を経て政友会代議士となり、第二次大戦後自由党結成に参加。農林・建設・国務の各大臣を歴任し、日ソ国交回復にも尽力。自由民主党党人派実力者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうのいちろう【河野一郎】
1898‐1965(明治31‐昭和40)
昭和戦後期前半の代表的政治家。神奈川県出身。1923年(大正12)早大を卒業し朝日新聞社に入社,農政記者となる。32年(昭和7)衆議院議員に初当選,政友会所属。42年の翼賛選挙では非推薦で当選した。戦後は,45年日本自由党結成に参画,鳩山一郎総裁の下に初代幹事長となったが,翌46年鳩山とともに公職追放された。51年追放解除後,鳩山を擁して吉田茂長期政権打倒の争いを続け,54年末鳩山一郎内閣を実現させ,農相に就任

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうのいちろう【河野一郎】
1898~1965 政治家。神奈川県生まれ。早大卒。1945年(昭和20)自由党結成に参加。農相・建設相などを歴任し、自由民主党の党人派実力者として活躍。日ソ国交回復に尽力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

河野一郎
こうのいちろう
(1898―1965)
政治家。神奈川県生まれ。1923年(大正12)早稲田(わせだ)大学政経学部卒業後、朝日新聞記者。1932年(昭和7)衆議院議員(神奈川県)、以来連続5回当選。政友会鳩山一郎(はとやまいちろう)派に属し、第二次世界大戦中は非翼賛議員。1945年(昭和20)終戦後、鳩山に従って自由党結成に参加し、初代幹事長に就任。1946年公職追放を受け1951年解除。三木武吉(みきぶきち)らと鳩山政権樹立に向けて活動し、1953年分党派自由党を結成。その後日本自由党の幹事長を経て1954年日本民主党結成に参加。同年第一次鳩山内閣の農相に就任。1955年の保守合同で自由民主党に所属、1956年全権委員として日ソ国交回復実現に尽力した。以後、経済企画庁長官、農相、建設相、オリンピック担当国務相を歴任。実力ある党人派代表であり、総理総裁の座をねらっていたが、大動脈瘤(りゅう)で急死。河野謙三は弟。次男洋平(1937― )は衆議院議長を務めた。[荒 敬]
『河野一郎著『今だから話そう』(1958・春陽堂書店) ▽『河野一郎自伝』(1965・徳間書店) ▽河野一郎著『日本の将来』(1965・恒文社) ▽伝記刊行委員会編『河野先生を偲ぶ』(1966・春秋会) ▽小枝義人著・河野洋平監修『党人河野一郎――最後の十年』(2010・春風社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうの‐いちろう【河野一郎】
政治家。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞記者を経て昭和七年(一九三二)衆議院議員となり、自由党、民主党、のち自由民主党の党人派実力者として活躍。鳩山、岸、池田、佐藤各内閣の農相、建設相、国務相などを歴任。明治三一~昭和四〇年(一八九八‐一九六五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河野一郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河野一郎の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフグアンタナモ基地ガニベ・イ・ガルシアハワイ併合

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation