@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沸騰【ふっとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沸騰
ふっとう
boiling
液体が表面だけでなく内部からも激しく気化して気体 (蒸気) となる現象。一定の圧力のもとで純粋な液体を加熱するとき,沸騰が続く間は温度が一定に保たれる。この温度を沸騰点または沸点という。沸騰は液体内部に生じた微小な気泡内の蒸気圧外圧をこえたときに起る。したがって,沸点はその温度での飽和蒸気圧が外圧に等しくなる温度であり,外圧の強さによって異なるが,圧力が定まれば物質に固有な値となる。溶液の沸点は溶媒の沸点よりも高く,沸点の上昇温度は同じ溶媒の希薄溶液では溶質の種類に関係なくモル濃度に比例する。これを利用して溶質の分子量を測定する方法を沸点法という。内面平滑容器に入れた液体を静かに熱すると,沸騰のきっかけとなるが存在しないので,沸点以上の温度になっても沸騰しないで過熱された液体となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふっ‐とう【沸騰】
[名](スル)
わきあがり煮えたつこと。沸点に達し、液体の表面からだけでなく、内部からも気化が起こり、気泡がのぼりはじめる現象をいう。「やかんの湯が沸騰する」
盛り上がること。騒然となること。「世論が沸騰する」「人気沸騰
物価などが激しい勢いで上昇すること。「株価が沸騰する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふっとう【沸騰 boiling】
一定圧力のもとで液体を加熱すると,液体がある温度に達したときから,液体表面での気化(蒸発)のほかに液体内部からも気化が始まり,液体内に蒸気の気泡ができる。この液体内部から起こる気泡の形成を伴う気化現象を沸騰という。沸騰の起こる温度を沸点(または沸騰点。記号ではboiling pointbp)という。1種類の物質だけからなる純粋液体では,一定圧力下における沸点は,その液体に固有な温度である。例えば水H2Oの沸点は1atmのとき,100.00℃であり,これは国際的な温度目盛を決めるのに使われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

沸騰
ふっとう
ebullition
boiling

液体が気化して蒸発するとき蒸気圧が温度とともに増大するが、蒸気圧が増して液体内部で気化がおきて泡になって表面に出て行く現象、すなわち液体が内部から気化する現象をいう。一般に沸騰は沸点よりやや高い温度でおこる。沸点は液相がその飽和蒸気と平衡を保って共存する温度であるが、飽和蒸気圧というのは平らな液面と接して平衡にある気相の圧力である。しかし液体内部にできる気泡は液体の凹面で囲まれているため、表面張力によって気泡内の圧力は液体の圧力より大きくなければならない。沸点に相当する飽和蒸気圧の気泡は表面張力のために押しつぶされてしまって気化することができない。このため、液体内部の気泡を気化させるためには、沸点よりもかなり高い温度にして気泡内の圧力が表面張力に打ち勝つようにしなければならない。このためきわめて純粋な液体は沸点よりかなり高い温度まで加熱しても沸騰しないままでいることができる。このような液体を過熱状態にあるといい、この現象を沸騰の遅れという。実際には容器の壁や液中のごみなどに吸着していた空気が解放されて泡となり、その中に液体が気化していって泡が成長することができるので、沸点よりごくわずか高い温度で沸騰することができる。過熱状態になって初めて突発的に沸騰し始める現象は突沸とよばれている。

 揮発性の2成分からなる溶液が蒸気と平衡を保つ場合に、その蒸気圧が1気圧となる温度は溶液の組成に依存するので、この温度を組成に対して描いたものを沸騰曲線または蒸発曲線とよんでいる。沸点において液体が気体に変わるために必要な熱は潜熱の一種であり、気化熱または蒸発熱という。これは気体から液体になるときに放出される凝縮熱に等しい。

[平野賢一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふっ‐とう【沸騰】
〘名〙
① 物、特に液体が、沸きあがること。また、高く起こり立つこと。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「ジンジンビヤが沸騰(フッタウ)するやうに怒るといふ詼謔か」 〔詩経‐小雅・十月之交〕
② 煮えたつこと。液体を熱すると、その蒸気圧が、液体表面にかかる外気圧よりも大きくなるため、表面からの蒸発だけでなく液体内部からも気泡となって蒸発すること。また、その現象。
※舎密開宗(1837‐47)内「水は〈略〉全然無気の境に在ては財かに掌の温を以て沸騰す」
③ 激しく、騒がしくなること。騒然となること。
※江戸繁昌記(1832‐36)初「哀号の声、沸騰して路に載(み)つ」 〔嵆康‐幽憤詩〕
④ (形動) 非常に騰貴すること。物価などがきわめて高くなること。また、そのさま。
※星巖集‐丁集(1841)玉池先生集三・苦霖行「何況爾来歳不熟、米価沸騰貴於玉
※歌舞伎・忠臣蔵年中行事(1877)正月「魚肉の鮨と同値では、チト沸騰なる価であらうぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わき‐のぼ・る【沸騰】
〘自ラ五(四)〙 わき出て高く上る。〔観智院本名義抄(1241)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

沸騰
フットウ
boiling

液体の飽和蒸気圧が外圧より大きいとき,その液体の蒸気が液体内部で生じ,泡を発生し,液体表面から離散していく現象をいう.[別用語参照]沸点突沸

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沸騰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沸騰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation