@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

油が乗る【あぶらがのる】

精選版 日本国語大辞典

あぶら【油】 が 乗(の)
① 身体に脂肪が富んで、栄養十分である。とくに魚や鳥などの脂肪が増してよい味になる。また、転じて色気のあるさまをもいう。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「ちっと悪毒天麩羅か、黒漫魚(まぐろ)のさしみで油(アブラ)の乗(ノッ)た、あいさつが聞てへの」
② 物事に興味を覚えて乗り気になる。調子が出て物事がおもしろいようにはかどる。
※浄瑠璃・椀久末松山(1710頃)中「今時分三枚がたておすやつもあろ。一中が咄も油がのる最中」
※それから(1909)〈夏目漱石〉一三「実は此側(このがは)から彼の心を動かして、旨く油(アブラ)の乗った所を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油が乗る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

油が乗るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation