@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

治罪法【ちざいほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

治罪法
ちざいほう
明治 13年太政官布告 37号。 1882年1月1日に施行された日本で最初の近代的刑事訴訟法典。御雇外国人 G.ボアソナード (フランス人) がフランス治罪法を基礎に諸国の法を参照して原案起草し,それを元老院において修正のうえ公布したもの。同時にボアソナードの起草した刑法典 (→旧刑法 ) も施行されたので,ここに近代的刑事法典が全面的に行われることになった。検事による国家訴追主義の採用を明言し,予審,証拠に関する自由心証主義,裁判の公開および刑事弁護の制度を認めた。上告の規定は実施されたが,控訴の規定は実施されず,85年に軽罪の控訴が認められた。 90年,裁判所構成法制定に伴いこれを修正して新たな刑事訴訟法の施行とともに廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちざい‐ほう〔‐ハフ〕【治罪法】
刑事訴訟および裁判所構成などについて定めた法律。フランス人ボアソナードが起草し、明治13年(1880)制定、同15年施行。同23年刑事訴訟法の施行により廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちざいほう【治罪法】
刑事手続に関する日本最初の近代的法典。1880年7月17日に公布され,82年1月1日から施行された。治罪法制定以前,明治初頭の日本の刑事法制は,まず律令法制の復活に始まり,新律綱領(1870),改定律例(1873)があいついで制定された。しかしヨーロッパ近代法――とくにフランス法――をとした刑事手続の近代化の動きも個々的に進行しており,すでに治罪法制定までの間に,改定律例の自白による断罪を定めた規定の廃止と証拠裁判主義自由心証主義の採用(1876),検事の公訴による国家訴追主義,弾劾主義確立(1878),拷問の廃止(1879)等の法改革が進められつつあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちざいほう【治罪法】
1880年(明治13)に公布、82年施行された刑事訴訟について定めた法律。ボアソナードが起草。90年、刑事訴訟法施行により廃止。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

治罪法
ちざいほう

1880年(明治13)に制定され、1882年1月1日に旧刑法とともに施行された刑事訴訟法典。フランス人ボアソナードが原案を起草したもので、フランス法系である。治罪法によって、検事公訴主義、予審、保釈、裁判公開などの制が確立された。ボアソナードの起案以来、重罪裁判所の裁判では陪審制を必須(ひっす)としていたが、内閣では陪審制は時期尚早であるとして、これを削除した。また軽罪につき控訴の道が開かれた。もっとも、治罪法の施行直前、その規定中、刑事の控訴に関する条件は当分実施しないことになった。刑事裁判所についても規定しているが、これはまだ裁判所構成法が制定されていなかったからである。1890年、刑事訴訟法の施行により廃止された。

[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちざい‐ほう ‥ハフ【治罪法】
〘名〙 犯罪の処分に関する手続、およびその裁判所の構成などを定めた法律。日本のものはフランス人ボアソナードが、フランス治罪法典などをもとに原案を起草。明治一三年(一八八〇)制定、同一五年施行。同二三年刑事訴訟法の施行により廃止された。
※明六雑誌‐一〇号(1874)拷問論・二〈津田真道〉「拷問を廃せんと欲せば先づ治刑の法を改定すべし、葢欧米各国皆所謂治罪法あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

治罪法
ちざいほう
1880(明治13)年公布された,日本最初の近代的刑事訴訟法
フランスの治罪法を範としたボアソナードの草案を修正して公布。犯罪捜査・裁判手続きの改革,拷問 (ごうもん) の禁止など,部分的に近代的制度を導入した。'90年刑事訴訟法公布・施行まで実施。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

治罪法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

治罪法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation