@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沼津兵学校【ぬまづへいがっこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沼津兵学校
ぬまづへいがっこう
明治1 (1868) 年 12月徳川氏が沼津に開いた洋学・兵学教育機関。西周頭取 (校長) として幕府関係の洋学者を結集して設けられた。当初は徳川家兵学校と呼ばれたが,同3年沼津兵学校と改称。翌年兵部省移管され,まもなく廃校。同校の付属小学校 (68開設) も設立の早い小学校として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

沼津兵学校
1939年公開の日本映画。監督:今井正原作:片桐勝男、脚色:片桐勝男、八木隆一郎、撮影:玉井正夫。出演:大川平八郎、黒川弥太郎、花井蘭子、藤尾純、丸山定夫ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぬまづへいがっこう【沼津兵学校】
明治初期,静岡藩(徳川家)が開いた洋学教育機関。明治維新に際し沼津に移住した旧幕臣が,陸軍将校養成を目的とし,1869年(明治2)1月沼津城内に開校した徳川家兵学校がその起源である。翌70年沼津兵学校と改称,廃藩置県後は政府所管となり兵部省に移管,72年東京の兵学寮に吸収され廃校となった。当初,陸軍頭取服部綾雄が管理し,教授には頭取として西周(にしあまね)が就任するなど当時の第一級の知識人があたった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぬまづへいがっこう【沼津兵学校】
1868年(明治1)沼津につくられた洋式兵学および洋学のための教育機関。72年東京の兵学寮に吸収。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

沼津兵学校
ぬまづへいがっこう
明治初年、静岡(駿府(すんぷ))藩が士官養成のために開いた洋学・兵学の教育機関。1868年(明治1)12月、沼津城内(静岡県沼津市)に設置され、附属小学校も置かれた。「王政復古」により徳川氏は70万石の一藩となったが、ここでこれまでの幕府所管の西洋文物と洋学者を基礎に士官の養成を試みた。西周(あまね)(周助)を頭取に、伴(ばん)鉄太郎、塚本明毅(あきたけ)(桓甫)、赤松大三郎(則良(のりよし))、田辺太一(やすかず)、大築(おおつき)保太郎(尚志(なおし))らの教授陣をそろえ、69~70年の時点では、日本では唯一かつ最高の科学技術の拠点だったとされている。明治時代の近代科学の端緒を開いたといわれるゆえんである。71年の廃藩置県により兵学寮に移管、翌年廃止された。[田中 彰]
『米山梅吉著『幕末西洋文化と沼津兵学校』(1934・私家版) ▽大野虎雄著『沼津兵学校と其人材』(1983・安川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼津兵学校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沼津兵学校の関連情報

関連キーワード

戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ津田ブハラ・ハーン国ブラームスブルックナー柳河春三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation