@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沼間守一【ぬまもりかず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沼間守一
ぬまもりかず
[生]天保14(1843).12.2. 江戸
[没]1890.5.17. 東京
ジャーナリスト,政治家。初め幕臣で,長崎に行き,英語などを学んだ。明治5 (1872) 年から大蔵省,司法省に出仕したが,新政府になじまず,1874年起した法律講習会を 78年5月に嚶鳴 (おうめい) 社と改称した頃から,反政府色の強い自由民権思想を主張しはじめ,翌年に元老院権大書記官を辞職。機関誌『嚶鳴雑誌』を創刊,80年 11月には最初の日刊紙『横浜毎日新聞』を買受けて東京に移し,『東京横浜毎日新聞』と改題して,急進的な民権論の舞台にした。特に官権派の『東京日日新聞』の福地源一郎 (かつては法律講習会の仲間) との論戦が有名。 82年立憲改進党結党に参画して貢献し,82~90年東京府会議長をつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぬま‐もりかず【沼間守一】
[1844~1890]政治家・ジャーナリスト。江戸の生まれ。明治維新後、大蔵省司法省元老院出仕嚶鳴社(おうめいしゃ)を興し、「東京横浜毎日新聞」を経営した。立憲改進党結成に参加。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

沼間守一 ぬま-もりかず
1844*-1890 明治時代のジャーナリスト。
天保(てんぽう)14年12月2日生まれ。戊辰(ぼしん)戦争では幕府側として奥羽各地を転戦。維新後,官吏をへて法律講習会(のち嚶鳴社(おうめいしゃ))を設立して言論活動を推進。また「東京横浜毎日新聞」を経営して自由民権をうったえた。明治15年立憲改進党の創立に参加した。明治23年5月17日死去。48歳。江戸出身。本姓は高梨。号は弄花生。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぬまもりかず【沼間守一】
1843‐90(天保14‐明治23)
明治時代のジャーナリスト,政治家。幕臣高梨家の次男として生まれ,沼間平六郎の養子となる。長崎で英語,兵書を学び,陸軍伝習所で洋式兵術を学ぶ。戊辰戦争に主戦論を唱え,軍人として名をはせた。明治新政府では大蔵省,司法省,元老院と転ずるが,72年(明治5)洋行し自由民権思想にめざめる。73年言論抑圧に抗し官吏をやめ,河野敏鎌らと法律講習会(嚶鳴社(おうめいしや))を結成,79年《嚶鳴雑誌》を発行し,また《横浜毎日新聞》の社長となり,《東京横浜毎日新聞》と改題してをふるった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぬまもりかず【沼間守一】
1843~1890 民権論者。江戸の人。幕府に用いられたが、維新後政府に仕える。退官して、民権運動のため嚶鳴社おうめいしやを興し、また「東京横浜毎日新聞」を刊行して立憲改進党結成に参加。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

沼間守一
ぬまもりかず
(1843―1890)
明治時代のジャーナリスト、民権家、政治家。天保(てんぽう)14年12月2日幕臣高梨仙太夫(たかなしせんだゆう)の二男として江戸・牛込(うしごめ)に生まれ、のち沼間平六郎(へいろくろう)の養子となる。旧称慎次郎(しんじろう)、雅号不二峰楼(ふじほうろう)主人、弄花(ろうか)。幕末に英学および洋式兵術を修め、戊辰(ぼしん)戦争では幕府側の主戦派として東北地方を転戦。1868年(明治1)9月庄内(しょうない)藩で縛につき、翌1869年放免され、一時土佐藩邸で英学を講じた。1872年大蔵省出仕、まもなく司法省に転じ洋行、翌1873年帰国、1875年より元老院権(ごん)大書記官となった。元老院時代「わっぱ騒動」調査に敏腕を振るったことは有名。また言論の重要性を洋行体験で認識し、帰国後、東京・下谷(したや)に法律講義会を開設、のちこれを嚶鳴(おうめい)社と改めて政治講究の場とし、近代思想を盛んに唱導した。1879年政府の官吏政談演説禁止策に抗して元老院を辞任、『嚶鳴雑誌』『東京横浜毎日新聞』を経営して民権運動の発展に尽くし、1882年には立憲改進党の結成に参加、以後、党領袖(りょうしゅう)として活躍。また1879~1890年の間東京府会議員として府民のために奮闘、この間1882年からは同議会の議長を務めた。明治23年5月17日没。墓は東京寛永寺にある。[安在邦夫]
『石川安次郎著『沼間守一』(1901・毎日新聞社/復刻版・1993・大空社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬま‐もりかず【沼間守一】
明治初期の政治家、新聞記者。維新後、判事・元老院権大書記官を歴任。退官して嚶鳴社を起こし民権論を唱え、明治一二年(一八七九)から「東京横浜毎日新聞」を経営。東京府会開設時の副議長、立憲改進党の創立に参加。天保一四~明治二三年(一八四三‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼間守一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沼間守一の関連情報

関連キーワード

ライトメンデルスゾーンアママンアレキサンダーウィルソンウェルニヒエスヘルエルドリッジグリーンコッホ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation