@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沽却【コキャク】

デジタル大辞泉

こ‐きゃく【×沽却】
売り払うこと。売却

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こきゃく【沽却】
売却すること。中世の土地売却証文は,一般にその冒頭を〈売渡〉〈沽却〉などの文言で書き出すので,〈売券〉〈沽券〉〈沽却状〉などという。平安時代から鎌倉時代前期には,むしろ沽券が一般的といえるが,以後しだいに売券に圧倒されていく。この〈沽〉という語が〈うる〉〈かう〉の両義をもち,小売・小買を意味するという本来の語義を考えると,この用法の変化に売買観念の変質を見ることも可能である。【勝俣 鎮夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こ‐きゃく【沽却】
〘名〙 物品を売り払うこと。売却。
※東南院文書‐四ノ二・延暦二〇年(801)一二月一六日・東大寺三綱牒案「件占地、於寺家無益、若有沽却者、以稲四千束充価直」
※金刀比羅本平治(1220頃か)下「柴木を下し、沽却(コキャク)して、妻子をはごくむものにて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沽却」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沽却の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation