@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

沿岸州【えんがんす】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沿岸州
えんがんす
offshore bar; barrier beach
海岸線との間に海をへだてて生じた,海岸線にほぼ平行の細長い堆積地形遠浅砂浜海岸では磯波沖合いで砕けて土砂巻上げ前方に盛上げてこの地形をつくる。台湾の南西海岸やアメリカの大西洋岸に好例がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんがん‐す【沿岸州】
海岸線とほぼ平行に、海を隔てて形成された堤防状の砂州(さす)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんがんす【沿岸州】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

沿岸州
えんがんす

海岸線との間に水域を隔てて形成された細長い砂または礫(れき)の堆積(たいせき)地形をいう。沿岸砂州、海岸外州、沖州などとよばれる。通常は海岸線の一般方向に平行に細長く延びているが、多少円弧状に湾曲するものも多い。沿岸州は所々に潮流口とよぶ切れ目があって、内湾または州に囲まれた潟湖(せきこ)の水と外洋水とが交換することができる。沿岸州は遠浅の海岸に形成されることが多く、砂質であるため海岸侵食を受けやすく、汀線(ていせん)(海岸線)は変化しやすい。沿岸州には、1列のものと何列もの集合からなるものとがあり、後者の場合は幅が大きく、州の上には海岸砂丘が成長していることもある。

[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沿岸州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沿岸州の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation