@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

泉質【センシツ】

デジタル大辞泉

せん‐しつ【泉質】
など鉱泉の水の化学的性質。塩類(えんるい)(現在はイオン)による分類が用いられる。
[補説]温泉分析書などに使用する「掲示用泉質名」は単純温泉二酸化炭素泉炭酸水素塩泉塩化物泉硫酸塩泉含鉄泉含アルミニウム泉・含銅鉄泉硫黄泉酸性泉放射能泉の11種類とされている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんしつ【泉質】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せん‐しつ【泉質】
〘名〙 温泉・鉱泉水に含まれる主成分の化学的性質。ナトリウム・塩化物泉、カルシウム・硫酸塩泉など。
※風俗画報‐八号(1889)論説「温泉談〈略〉病症と泉質(センシツ)とに関するを以て其適地に就くは論なしと雖(いへ)ども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泉質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

泉質の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation