@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

法哲学【ほうてつがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法哲学
ほうてつがく
Rechtsphilosophie; legal philosophy; jurisprudence
法に関する原理的・基本的問題を研究する学問分野。研究対象の面からいえば広義法学の一分野であり,研究方法の面からみれば哲学の一特殊分野に属する学問。法律哲学法理学とも呼ばれる。ギリシア時代のソフィストたちに始り,19世紀のカントおよびヘーゲルの法哲学にいたるまでは,政治学,倫理学,哲学,神学の一分野とみなされていたが,ドイツの一般法学が転換の契機となり,法解釈学者が固有の法哲学の確立を目指した。 20世紀に入って新カント学派の R.シュタムラーの批判的法哲学が現代法哲学隆盛の先駆的役割を果し,現在では,哲学の動向に歩調を合せて多彩な様相を呈している。その主要な課題としては,法の概念規定,法学上の諸概念,諸原理の検討,法の理念正義に関する考察 (法価値論) ,法学方法論などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐てつがく〔ハフ‐〕【法哲学】
法の理想・理念・本質などを明らかにして、法の究極にあるものを考察する学問。法理学。法哲学。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうてつがく【法哲学】
哲学(倫理学および社会哲学の一部を含む)と法学との双方にまたがる学科。〈法(律)哲学〉という表現はドイツ語のRechtsphilosophieに由来する。イギリスにおいては,19世紀中葉以来,法に関する理論的な研究がjurisprudence(〈法理学〉)という名称のもとに行われてきた。J.オースティンH.J.S.メーンとする法理学の伝統は,アメリカにおいても,20世紀の初頭以来,R.パウンドなどによって受け継がれてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうてつがく【法哲学】
法を対象とし、その本質や理念、また根拠や価値などを哲学的な方法や態度により原理的・根本的に研究する学問。法理学。法律哲学。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐てつがく ハフ‥【法哲学】
〘名〙 法および法現象の哲学的考察を行なう学問。法の基礎概念の分析や法の存立の根拠、法世界の構造・性質、他の文化領域との関連、法の究極価値などの考察を基本的な任務とする。法律哲学。法理学。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法哲学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法哲学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation