@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

法圏【ほうけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法圏
ほうけん
Rechtskreis
法律関係の違いに基づいて,それぞれ独立に設けられる特別法。歴史上,中世ドイツに典型的に存在した。中世ドイツ法には,領主農民の関係を規律する荘園法や封主と封臣の関係を規律するレーン法などの法圏があり,身分法とともに,一般法たるラント法に対して特別法を形成していた。法圏は身分法と異なり,一個人がその法律関係の一方当事者であるかぎり,身分のいかんにかかわらずその者を拘束する。したがって一人の人間が同時に2つ以上の法圏に所属したり,法律問題の性質によってさらに一般法の適用を受ける場合も生じた。現代法上,商法や労働法などは,民法という一般法に対して法圏をなしているといえる。なお比較法学上法系と同義に用いることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうけん【法圏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

法圏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法圏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation