@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

法均【ほうきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法均
ほうきん
[生]天平2(730)
[没]延暦18(799).1.20. 京都
奈良時代末期の女官。本名,藤野別真人広虫。和気清麻呂の姉。京中の孤児の養育に励み,夫の死後孝謙上皇の女官として出仕。天平宝字6 (762) 年出家し,名を法均と改めた。神護景雲3 (769) 年道鏡皇位を奪おうとした事件に対して,清麻呂がその野心を退けたため女帝の怒りを受け,清麻呂に連座して備後に流された。のち許されて洛し,正四位上典侍となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

法均
ほうきん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法均」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法均の関連情報

関連キーワード

開元釈教録iPadオリンピック招致不妊に悩む方への特定治療支援事業尾崎正章TABLE FOR TWO樺太島民の悲劇TABLE FOR TWO(TFT)タイムライン薬師寺東塔

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation